開幕戦優勝のビニャーレス、YZR-M1の改善を確信「ヤマハが帰ってきた!」

MotoGP開幕戦カタールGPで勝利を収めたマーベリック・ビニャーレスは、堂々とした走りでの勝利について「ポテンシャルのあるヤマハが帰ってきた」と考えている。

開幕戦優勝のビニャーレス、YZR-M1の改善を確信「ヤマハが帰ってきた!」

 2021年シーズンのMotoGP開幕戦カタールGPでは、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスが優勝。ドゥカティ勢を完全に下しての勝利で新シーズンにはずみをつけた。

 ビニャーレスは3番グリッドと好位置からのスタートだったが、蹴り出しが悪くポジションを6番手までダウン。レースはドゥカティ勢が先行する展開となった。

 最高速で優れるドゥカティに対し、ビニャーレスは徐々にインフィールド区間で追い抜きを仕掛け始めると15周目にはついに先頭を奪取。そこからはドゥカティ勢を寄せ付けない速さを示し、1秒以上のギャップを築いてそのままグランプリ9勝目を手にした。

 レースを振り返ったビニャーレスは、スタートの部分でヤマハはまだ改善すべき点があると指摘。しかし2021年型のYZR−M1では、かつて感じていた力強いフィーリングが戻ってきたと語っている。

「それ(スタート)は僕らが繰り返してしまっている部分で、僕も少なくともヤマハ勢でベストであろうと練習を始めているんだ」

「とにかく、次のレースでは改善を試みていく。ここがとても重要だ」

「それからシーズンの残る期間に向けては、ヤマハもスタートを良くするためのデバイスを持ち込むために懸命に作業してくれている」

「もちろん見ての通り、良い点があって、バイクに乗ると『ヤマハが帰ってきた』と感じられるんだ」

「つまり過去にヤマハが持っていたポテンシャルが戻ってきたということだけど、これはすごく大事なことだ。コースなのかコンディションなのか他の要素なのかは分からないけど、僕の感じたヤマハのパワーはとても重要なモノだ」

「コーナースピードや曲がる部分はヤマハにとって重要で、ポケットに忍ばせておくことが大事だ。スズキや他のメーカーと戦うにはこのコーナースピードのような部分が必要なんだ」

 ヤマハのマシンは近年最高速でライバルに劣っていることから、オーバーテイクに苦戦する傾向にあった。しかしビニャーレスによると2021年型M1では、マシンが得意とする場所でよりアグレッシブになることができると感じられているようだ。

「僕らが考え方を少し変えたのは確かだ」と、ビニャーレスは言う。

「僕たちはオーバーテイクの部分でより強くなる必要があった。そこは昨年僕らが失っていた部分なんだ。僕は自分たちに素晴らしいポテンシャルがあり、いいリズムがあると思っていたんだけどね」

「でもレースでは多くの部分で詰まってしまって、オーバーテイクはできていなかった」

「ここカタールでは僕らが速い場所がたくさんあると話していたけど、まだ他のコースでどうオーバーテイクをするか、それを理解する必要があるね」

「でも全体としては冬の間にいい仕事をしたと思う。バイクは曲がってくれるから、少なくともコーナリングの点ではより速くなったバイクを準備できている」

「それで僕はより速い状態でコーナーを曲がれるようになって、そのおかげで(オーバーテイクの)チャンスももたらされた。全体的にこれまでのレースよりもすごくアグレッシブになっていたんだ」

「こう言った形で歩みを進める必要がある。失うものはなにもない。僕らはプッシュしていくことが必要で、それが唯一の道だ」

 

Read Also:

シェア
コメント
MotoGPカタール決勝:マーベリック・ビニャーレス、ドゥカティ勢下し完璧な勝利。中上は転倒リタイア

前の記事

MotoGPカタール決勝:マーベリック・ビニャーレス、ドゥカティ勢下し完璧な勝利。中上は転倒リタイア

次の記事

ジャック・ミラー、開幕戦9位は「望んだポジションじゃない」と不満。レース後半でタイヤに苦戦

ジャック・ミラー、開幕戦9位は「望んだポジションじゃない」と不満。レース後半でタイヤに苦戦
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント カタールGP
ドライバー マーベリック ビニャーレス
チーム Yamaha Factory Racing
執筆者 Lewis Duncan