ビニャーレス、アプリリアでの新たな挑戦に満足「完璧ではないけど、走り続けて理解を深めていく」

シーズン途中でヤマハを離脱してアプリリアに加入したマーベリック・ビニャーレスは、アプリリアで2レースを終え、満足していると語った。

ビニャーレス、アプリリアでの新たな挑戦に満足「完璧ではないけど、走り続けて理解を深めていく」

 マーベリック・ビニャーレスは、アプリリアに加入して2レースを終え、新たな挑戦に満足していると語った。

 開幕戦カタールGPで自身9勝目を挙げたビニャーレスだが、シーズン途中でヤマハとの関係が悪化。2022年までの契約を今季限りで終了することになった。その後も両者の関係はこじれ、ビニャーレスは第10戦スティリアGPでわざとエンジンをブローさせようとする暴挙に及び、チームから出場停止処分を科された。

 結果として、ビニャーレスはシーズン途中でヤマハとの関係を解消し、アプリリアに移籍。第13戦アラゴンGPでレースに復帰を果たした。

 そのアラゴンGPでは予選19番手、決勝18位とポイント獲得ならず。翌サンマリノGPでは予選10番手、決勝13位でポイントを獲得している。

 アラゴンGPではウイナーから26.6秒差のフィニッシュだったが、サンマリノGPでは21.2秒差。8位でフィニッシュしたチームメイトのアレイシ・エスパルガロからは5.56秒遅れだった。

 アプリリアのライダーとして戦った最初の2レースを振り返り、アプリリアに加わったことを満足しているかと訊かれ、ビニャーレスは次のように答えた。

「ああ、満足しているよ」

「新しい挑戦であり、まったく異なる挑戦であることは確かだ」

「全く違うマシンなので、乗りこなすのも、より良いポジションをキープするのも、より難しくなる」

「でも(アラゴンでは)優勝から27秒遅れ、今回は21秒だった。一歩一歩前進してきたことが、最も重要なポイントだ」

 またビニャーレスは、サンマリノGPの週末を通して多くの学びが得られたと付け加えた。

「正直なところ、この週末は多くのことを学んだ」

「作業を続けなくてはいけないのは間違いない。バイクのフィーリングが良くないのは明らかだ。特に予選だ。それにガソリンが満タンの時、レース中にいくつかトラブルがあった」

「でもこのマシンの良いところは、タイヤのグリップがいいことだ。つまり安定性が高いということだ。これはとても重要だ」

「リズムも良かったので、とても満足している。完璧ではなかったけど、理解を深めながら走り続けていく」

「走り続けることで、理解していくんだ。だから、もっともっと速く走るために、方向性を理解しようとしているんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
KTMの新人にテスト機会“奪われた”レクオナ、憤り隠せず。ペトルッチは「試すモノも無かったし……」と受け入れ姿勢
前の記事

KTMの新人にテスト機会“奪われた”レクオナ、憤り隠せず。ペトルッチは「試すモノも無かったし……」と受け入れ姿勢

次の記事

ヤマハ・VR46・マスター・キャンプがMoto2参戦へ。来季Moto2&Moto3参戦チームが公表

ヤマハ・VR46・マスター・キャンプがMoto2参戦へ。来季Moto2&Moto3参戦チームが公表
コメントを読み込む