MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
21 8月
イベントは終了しました
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
13 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
19 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
20 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
27 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
41 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
48 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

PPから一転10位……苦悩するビニャーレス「レースを楽しむのが難しい」

シェア
コメント
PPから一転10位……苦悩するビニャーレス「レースを楽しむのが難しい」
執筆:

ヤマハのマーベリック・ビニャーレスは、オーストリアGPでポールポジションだったにもかかわらず、10位と低迷。彼はその問題を説明するのは難しく、レースを楽しめていないと語った。

 MotoGP第5戦オーストリアGPで、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスはポールポジションを獲得。レースでも好結果が期待されていた。

 そのレースではヨハン・ザルコ(アビンティア)とフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)の大クラッシュが発生した。赤旗が掲示されレースは中断。ビニャーレスはクラッシュ発生時、その近くを走っていたが幸運なことに巻き添えを回避することができた。

Read Also:

 ただ赤旗中断されるまでのレースで既にビニャーレスは苦戦しており、レース再開時も6番手からのスタートだった。そしてリスタートを迎えると、彼はクラッチにトラブルを抱えてしまったことで後退し、リタイア寸前の状況に追い込まれてしまった。

 その後ビニャーレスはなんとかペースを取り戻してポジションを上げていき、最終的にトップから15秒差の10位でフィニッシュしている。

 好調な予選からレースでは一転して不調に……これまでヤマハで戦って来た中での一貫性の無さと似ているのではないか? そう訊かれたビニャーレスは次のように答えた。

「説明するのがとても難しいんだ」

「僕の場合、何年もレースで苦戦している。なぜグリップを失い、ブレーキングもだめになり、何もできなくなってしまうのかが分かっていないんだ」

「今週末のポジティブだった点は、少なくとも最終的に良いラップタイムが出せたことだ。1ポイントでも勝ち取るためにベストを尽くしたよ。それがチャンピオンシップにとって重要だと分かっているからね」

「でもこの問題はとても複雑で、僕自身でさえ理解するのは難しい」

「普段僕はレースで走る時というのが、とても不安な瞬間なんだ。バイクがどう機能するかわからないからね。これはすごく厳しいことだ」

「どのメーカーも僕らの一歩先を進んでいるように思える。1周のアタックでは僕らはとても速く、最大限のモノを絞り出している。でも誰かの後ろにつけているとき、オーバーテイクができないし、コーナーへ飛び込むこともできないんだ」

「ジョアン(ミル/スズキ)をオーバーテイクしたときも、限界だった。クラッシュして彼にぶつかると思っていた程だ。でもとにかく、それも新しいことじゃない」

「オーストリアでの2戦目をやり過ごして、僕らにより合ったエンジン面の要求がそれほど高くないコースで、また(レースを)楽しみたいね。これでは楽しむのも難しいんだ」

 また今回、間一髪で大クラッシュの巻き添えになることを避けられた件について訊くと、ビニャーレスは飛来するマシンをみて本能的に頭を庇ったと述べた。

「バイクがクラッシュすると、(バイクが)アスファルトを掻く音が聞こえるんだ」

「それでその音を聞いて、『クソッ、誰かがクラッシュした』と思った」

「でもそれからとても大きな爆発音が聞こえた。たぶんヨハンのバイクがウォールにぶつかったんだと思う。そして(モルビデリの)バイクが飛んでくるのを見て、僕はとっさに身体を守ろうとした」

「その後したことと言えば、アクセルを全開にすることだった。彼らは赤旗を出さないかもしれないと思って、プッシュすることが必要だったんだ」

 

Read Also:

Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing, and the bike of Franco Morbidelli, Petronas Yamaha SRT crash

Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing, and the bike of Franco Morbidelli, Petronas Yamaha SRT crash

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

今のMotoGPライダーはアグレッシブ過ぎる……間一髪で事故避けたロッシ、苦言呈す

前の記事

今のMotoGPライダーはアグレッシブ過ぎる……間一髪で事故避けたロッシ、苦言呈す

次の記事

躍進のKTM、コンセッション喪失でも2021年用エンジン開発に特別許可?

躍進のKTM、コンセッション喪失でも2021年用エンジン開発に特別許可?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント オーストリアGP
ドライバー マーベリック ビニャーレス
チーム Yamaha Factory Racing
執筆者 Lewis Duncan