MotoGP
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
59 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
66 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
94 days
R
アラゴンGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
109 days
02 10月
-
04 10月
次のセッションまで……
116 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
129 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
143 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
158 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
次のセッションまで……
165 days
R
バレンシアGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
172 days

カタールテスト3日目:ビニャーレスが首位でテスト終える。マルケス、前年型マシンを試す

シェア
コメント
カタールテスト3日目:ビニャーレスが首位でテスト終える。マルケス、前年型マシンを試す
執筆:
2020/02/25 1:55

MotoGPカタールテストの3日目が終了した。トップタイムはヤマハのマーベリック・ビニャーレスが記録。一方で現チャンピオンのマルク・マルケスは2019年型のマシンを走らせるなど、ホンダは不安の残る展開となった。

 カタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで行われているMotoGPオフィシャルテスト。その3日目はヤマハのマーベリック・ビニャーレスが最速タイムを記録した。

 テストはペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロが一番乗りでトラックに出た。彼は1分55秒116を記録しトップタイムとした。

 セッション残り3時間半、マシンセットアップの改善を進めたビニャーレスが1分54秒953をマークしてトップタイムを更新した。

 残り2時間を切ったタイミングで、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)が1分53秒891と大きくタイムを縮めてきた。一方同じ頃、クアルタラロには技術的な問題が発生し、ターン11でマシンを停めることとなった。

 モルビデリがトップでテストで終えるかと思われたが、最終盤にビニャーレスがこの日の最速タイムとなる1分53秒858をマーク。開幕戦に向けてベストな位置でテストを締めくくった。

 ビニャーレス、モルビデリのヤマハ勢がワンツーとなり、3番手以下にはアレックス・リンス(スズキ)、クアルタラロ、ジャック・ミラー(プラマック)と続いている。

 ホンダ勢のマシン開発が順調に進んでいないのではないか、という疑念はテスト3日目の注目ポイントだ。

 現チャンピオンのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は、新型RC213Vのコーナリング特性が悪化していると評価しているのだ。

 彼は昨年末に受けた右肩の手術の影響が残っており、フィジカルが万全ではないという事情は存在するものの、LCRホンダのカル・クラッチローも新型マシンについて同様の見解を持っているようだ。

 そんな中マルケスはこの日、中上貴晶(LCRホンダ)のガレージから前年型のRC213Vを持ち出して比較を行なった。彼が最終的にどのマシンでタイムを記録したかは不明だが、7番手となる1分54秒145までタイムを改善している。

 中上は2019年型のマシンで1分54秒239の8番手タイムをマーク。ホンダ勢ではマルケスに次ぐ2番手タイムだった。

 

Read Also:

MotoGPカタールテスト3日目リザルト

Pos ライダー チーム Time Gap Laps
1 Maverick Vinales Yamaha 1:53.858   84
2 Franco Morbidelli Petronas Yamaha  1:53.891 +0.033 52
3 Alex Rins Suzuki 1:54.068 +0.210 40
4 Fabio Quartararo Petronas Yamaha  1:54.077 +0.219 58
5 Jack Miller Pramac Racing 1:54.105 +0.247 69
6 Joan Mir Suzuki 1:54.129 +0.271 42
7 Marc Marquez Honda 1:54.149 +0.291 61
8 Takaaki Nakagami LCR Honda  1:54.239 +0.381 40
9 Brad Binder KTM 1:54.283 +0.425 58
10 Andrea Dovizioso Ducati  1:54.312 +0.454 55
11 Francesco Bagnaia Pramac Racing 1:54.326 +0.468 55
12 Valentino Rossi Yamaha 1:54.332 +0.474 47
13 Aleix Espargaro Aprilia  1:54.432 +0.574 56
14 Pol Espargaro KTM 1:54.623 +0.765 49
15 Tito Rabat Avintia Ducati 1:54.674 +0.816 56
16 Danilo Petrucci Ducati  1:54.752 +0.894 56
17 Johann Zarco Avintia Ducati 1:54.760 +0.902 66
18 Cal Crutchlow LCR Honda 1:54.830 +0.972 70
19 Miguel Oliveira Tech3 KTM 1:55.008 +1.150 48
20 Iker Lecuona Tech3 KTM 1:55.301 +1.443 40
21 Alex Marquez Honda 1:55.519 +1.661 47
22 Bradley Smith Aprilia 1:55.916 +2.058 55

次の記事
タイトル挑戦への助けに? ドゥカティ、加速改善目指し“走行中”の車高制御へ着手

前の記事

タイトル挑戦への助けに? ドゥカティ、加速改善目指し“走行中”の車高制御へ着手

次の記事

ホンダ、バイクの問題点を特定? 「作業をやり直さなくちゃ」とマルケス

ホンダ、バイクの問題点を特定? 「作業をやり直さなくちゃ」とマルケス
コメントを読み込む