【スーパーフォーミュラ】TEAM GOHがサプライズだらけの体制発表! 元ホンダF1山本雅史が監督就任、佐藤蓮はレッドブル育成入り

昨年までホンダのF1マネージングディレクターを務めていた山本雅史が、今季からスーパーフォーミュラに参戦するTEAM GOHの監督を務めることが発表された。

【スーパーフォーミュラ】TEAM GOHがサプライズだらけの体制発表! 元ホンダF1山本雅史が監督就任、佐藤蓮はレッドブル育成入り
Listen to this article

 2022年からスーパーフォーミュラに2台体制で参戦するTEAM GOHは、2月26日にチームの詳細な体制を発表。監督人事を含め、サプライズずくめの発表となった。

 まずチーム代表に関しては、既に明らかにされているように代表取締役である池田和弘氏が務める。そして監督は、なんと昨年までホンダのF1マネージングディレクターとして手腕を振るい、2021年のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の王座獲得にも貢献した山本雅史が就任することとなった。

 山本は今年1月でホンダを退社。それに伴い、コンサルティング会社を設立して「レッドブルと日本の架け橋」になっていくと話していたが、まさにその言葉通りと言うべきか、山本が監督を務めるTEAM GOHはレッドブルとジョイントすることとなった。

 既に発表されている通り、TEAM GOHのドライバーは佐藤蓮と三宅淳詞のルーキーふたり。その内53号車をドライブする佐藤はこの度レッドブルジュニアチームに加入することとなり、レッドブルカラーのマシンを走らせる。一方の三宅は、チームゴウのロゴがあしらわれたブラック&ホワイトの55号車を走らせる予定だ。

#53 TEAM GOH
#53 TEAM GOH
1/2

写真:: TEAM GOH

#55 TEAM GOH
#55 TEAM GOH
2/2

写真:: TEAM GOH

 なおこの2台のマシンは、3月5日、6日に行なわれる『鈴鹿サーキット60周年ファン感謝デー』でお披露目されるとのことだ。

 
Read Also:

シェア
コメント
英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記:スーパーフォーミュラのレース数増加は大歓迎。あとは戦略に幅を持たせられるか?
前の記事

英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記:スーパーフォーミュラのレース数増加は大歓迎。あとは戦略に幅を持たせられるか?

次の記事

【スーパーフォーミュラ】“オールルーキー体制”のTEAM GOH「勝ち負けにこだわって戦い抜く」と山本雅史監督

【スーパーフォーミュラ】“オールルーキー体制”のTEAM GOH「勝ち負けにこだわって戦い抜く」と山本雅史監督