トヨタ勢最上位4番手の平川亮、決勝は「スタートが良ければ」勝機有り。好調ホンダ勢打倒狙う

carenex TEAM IMPULの平川亮はスーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿でトヨタ勢最上位の4番グリッドを獲得。予選Q3での走りは自信を与えてくれるものだったという。

トヨタ勢最上位4番手の平川亮、決勝は「スタートが良ければ」勝機有り。好調ホンダ勢打倒狙う

 2021年のスーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿の予選が行なわれ、carenex TEAM IMPULの平川亮は4番グリッドを獲得。ホンダ勢との差は感じているようだが、予選での走りは良いものだったことで自信を得られたようだ。

Read Also:

 今回の予選では、トップ3をホンダ勢が独占。トヨタ勢は平川が気を吐き4番手に食い込んだ。しかし彼は、開幕戦富士でホンダ勢が上位を独占した際と状況は大きくは変わっていないと見ている。

「同じような状況だと思いますよ。序列は開幕戦富士の結果と似ています。野尻(智紀/TEAM MUGEN)選手、大湯(都史樹/TCS NAKAJIMA RACING)選手、福住(仁嶺/DOCOMO TEAM DANDELION RACING)選手……同じだと言えるんじゃないですか」

 予選後、取材に応えた平川はそう語った。ホンダ勢とトヨタ勢間にはエンジンパワーで差があるように感じられると彼は以前語っていた。今もそれは変わっていないようだが、それでも今回の予選での走りには手応えを感じていると彼は言う。

「(エンジンパワーの差かどうか)判断するのは難しいですね。見れるのはラップタイムと最高速だけですから」

「ただQ3では本当に良い、キャリアでもベストなラップを回ることができたと思います。鈴鹿での予選はいつもあまり良くないんですけど、今回のQ3は本当に良かったです」

「なのでその点はレースに向けて少し自信を与えてくれますね。でもホンダ勢はQ3でいつも上げ幅があると思いますが、分かりません。僕もすごく良い走りだったんですが……」

 決勝のポールポジションを獲得したのは福住。2列目スタートからホンダ勢を打ち倒すためには、スタートが重要になると平川は話す。

「スタートが一番大事になるでしょうね。いいスタートができれば、良いラップタイムが刻めますし、良い戦略もとれますから、勝つこともできると思います。なので自分のパフォーマンスにだけ集中して、ベストを尽くします」

「(チャンピオンシップ争いに関しては)まだ十分じゃないです。予選ではより競争力があることを期待していたんですが、依然としてエンジンパフォーマンスに差があります」

「夏、特にもてぎ戦ではもっと競争力があることが必要ですが、ここで良い結果を勝ち取れれば、まだ勝ち目はあると思います」

 

Read Also:

シェア
コメント
ジュリアーノ・アレジ、SFデビュー戦でいきなりQ3進出「最後は少し攻め過ぎたけど悪くない結果」
前の記事

ジュリアーノ・アレジ、SFデビュー戦でいきなりQ3進出「最後は少し攻め過ぎたけど悪くない結果」

次の記事

Q2敗退の松下信治、フリー走行のトラブルが痛手に「もっと良い結果が得られたはず」

Q2敗退の松下信治、フリー走行のトラブルが痛手に「もっと良い結果が得られたはず」
コメントを読み込む