山本尚貴が移籍後初のPP。大湯3番手でNAKAJIMA RACING好調|スーパーフォーミュラ第7戦もてぎ

スーパーフォーミュラ第7戦の予選がモビリティリゾートもてぎで行なわれ、山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)がポールポジションを獲得した。

山本尚貴が移籍後初のPP。大湯3番手でNAKAJIMA RACING好調|スーパーフォーミュラ第7戦もてぎ
Listen to this article

 モビリティリゾートもてぎで行なわれているスーパーフォーミュラ第7戦・第8戦。8月20日(土)午前には第7戦の予選が行なわれ、山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)がポールポジションを獲得した。

 直前に行なわれたTCRジャパンシリーズのセッションがディレイした影響で、スーパーフォーミュラの予選Q1は定刻から15分遅れの9時20分にスタート。路面温度は35℃と、前日の専有走行より10℃以上低いコンディションであり、専有走行とは異なる序列になるのではないか……そんな予感がする中で予選が始まった。

 Q1のグループAでは、前戦富士で初優勝を遂げた笹原右京(TEAM MUGEN)が速さを見せた。笹原は1分30秒719でトップ通過、専有走行トップの大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)がそれに続いた。

 一方、専有走行で予選へ向けての手応えを掴んでいた平川亮(carenex TEAM IMPUL)は、カットラインとなる6番手の宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)に0.013秒及ばずまさかのQ1敗退。平川はポイントリーダーの野尻智紀(TEAM MUGEN)を29点差(第6戦終了時点)で追いかけているだけに、タイトル争いに向けては厳しい状況となってしまった。

 そしてQ1のグループBは、専有走行で「課題がたくさん残った」と厳しいコメントを残していた野尻が、ただひとり1分30秒台にタイムを入れてトップ通過。ポイントリーダーの底力を見せた。

 迎えた7分間のQ2は、残り4分半から各車一斉にコースになだれ込み、牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)のみがピットアウトのタイミングを遅らせてアウトラップの翌周でアタックを行なう作戦を採った。各車がほぼ同じタイミングでコースに出たため、ラストアタックに向けては集団が渋滞気味となってしまい、隊列最後尾にいた笹原はアタック開始前にチェッカーを受けてしまった。

 サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)を先頭に各車がアタックに入る中、抜群のパフォーマンスを見せたのが山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)だった。山本はセクターの全体ベストタイムを次々更新する走りで、最終的に1分30秒423をマーク。2020年以来2年ぶりのポールポジションを獲得した。NAKAJIMA RACING移籍後初となるポールとあって、パルクフェルメにマシンを停めてヘルメットを脱いだ山本は晴れやかな笑顔を見せていた。

 2番手は山本からコンマ3秒遅れでフェネストラズ。専有走行はトラブルに見舞われ予選シミュレーションができず、フィーリングへの違和感も感じていたフェネストラズだったが、前日とは異なる比較的低い路面温度も味方してか、タイトル争いに向けて貴重なボーナス2ポイントを獲得した。3番手は大湯で、NAKAJIMA RACINGの速さが際立つ予選となった。

 野尻は予選でのボーナスポイント獲得こそならなかったが、2列目スタートとなる予選4番手を確保。タイトル争いの展開はどのように変化するか? 決勝レースは同日14時30分よりスタートする。

 
 
Read Also:

シェア
コメント
山本尚貴が2年ぶりのポールポジション獲得! スーパーフォーミュラ第7戦もてぎ:予選タイム結果
前の記事

山本尚貴が2年ぶりのポールポジション獲得! スーパーフォーミュラ第7戦もてぎ:予選タイム結果

次の記事

山本尚貴、復活の勝利! スーパーフォーミュラ第7戦もてぎ:決勝順位速報

山本尚貴、復活の勝利! スーパーフォーミュラ第7戦もてぎ:決勝順位速報