金曜専有走行は大湯がトップ。タイトル争う平川が3番手|スーパーフォーミュラ第7戦・第8戦もてぎ

スーパーフォーミュラ第7戦・第8戦もてぎの専有走行では大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)がトップタイムを記録した。

金曜専有走行は大湯がトップ。タイトル争う平川が3番手|スーパーフォーミュラ第7戦・第8戦もてぎ
Listen to this article

 2022年スーパーフォーミュラ第7戦・第8戦の専有走行が8月19日(金)、モビリティリゾートもてぎで行なわれた。気温33℃、路面温度47℃という真夏のコンディションでスタートした90分間のセッションでトップタイムだったのは大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)で、タイムは1分31秒221だった。

 2番手は前戦富士で2位に入った坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)。3番手には現在ポイントランキング2番手の平川亮(carenex TEAM IMPUL)が食い込んだ。なお、ポイントリーダーの野尻智紀(TEAM MUGEN)は9番手、ランキング3番手のサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)は21番手だった。

【スーパーフォーミュラ第7戦・第8戦もてぎ:専有走行タイム結果】

1. 大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)1'31.221
2. 坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)1'31.475
3. 平川亮(carenex TEAM IMPUL)1'31.520
4. 関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)1'31.668
5. 国本雄資(KCMG)1'31.693
6. 大津弘樹(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'31.729
7. 牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'31.808
8. 福住仁嶺(ThreeBond Drago CORSE)1'31.822
9. 野尻智紀(TEAM MUGEN)1'31.918
10. 山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)1'32.009
11. 笹原右京(TEAM MUGEN)1'32.012
12. 小林可夢偉(KCMG)1'32.015
13. 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)1'32.021
14. 山下健太(KONDO RACING)1'32.095
15. 松下信治(B-Max Racing Team)1'32.109
16. ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)1'32.120
17. 阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)1'32.240
18. 佐藤蓮(TEAM GOH)1'32.479
19. 三宅淳詞(TEAM GOH)1'32.496
20. 大嶋和也(docomo business ROOKIE)1'32.950
21. サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)1'33.274

 
 
Read Also:
シェア
コメント
スーパーフォーミュラが日本最大規模のeスポーツパークとコラボ! 9月にイベント開催、ファン交流の活性化に繋がる?
前の記事

スーパーフォーミュラが日本最大規模のeスポーツパークとコラボ! 9月にイベント開催、ファン交流の活性化に繋がる?

次の記事

大逆転狙うフェネストラズはトラブルで初日つまずく。もてぎ2連戦の展望は未知数に|SFタイトル天王山・上位3人の声

大逆転狙うフェネストラズはトラブルで初日つまずく。もてぎ2連戦の展望は未知数に|SFタイトル天王山・上位3人の声