カルデロン、SF第2戦を欠場。ドラゴコルセ、塚越広大を代役に起用

スリーボンド・ドラゴコルセは、岡山国際サーキットで行なわれるスーパーフォーミュラ第2戦を、タチアナ・カルデロンが欠場することを発表。代役として塚越広大が起用されることになった。

タチアナ・カルデロン Tatiana Calderon(ThreeBond Drago CORSE)

写真:: Masahide Kamio

 スリーボンド・ドラゴコルセはプレスリリースを発表し、9月26日から岡山国際サーキットで開催されるスーパーフォーミュラ第2戦に、タチアナ・カルデロンに代わって塚越広大を起用することを明らかにした。

 今季、レギュラードライバーとしてコロンビア出身のカルデロンを起用しているスリーボンド・ドラゴコルセ。開幕戦では予定通りカルデロンがドライブしたが、今週末の第2戦には、新型コロナウイルス感染拡大防止の水際対策に伴う、日本入国後2週間の自主隔離期間を諸事情により確保できなくなった。

 カルデロンはフランスで行なわれたル・マン24時間に#50 Richard Mille Racing Teamの一員として出走。総合13位で完走した。しかし、スーパーフォーミュラ第2戦まではわずか1週間しか間がなく、2週間の自主隔離期間を設けるのは不可能……ゆえに欠場せざるを得ない状況となったようだ。

 ドラゴコルセはカルデロンの代役として、昨年までスーパーフォーミュラに参戦していた塚越を起用することになった。

 このほか、TEAM MUGENはユーリ・ヴィップスの代わりに笹原右京を、Buzz Racing with B-Maxはセルジオ・セッテ・カマラの代役として高星明誠をそれぞれ起用することを既に発表している。このほか、ル・マン24時間に参戦したドライバーたちの参戦についても危惧されている。

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 Buzz Racing with B-Max、岡山でのSF第2戦で高星明誠を代役起用
次の記事 SF第2戦岡山の開催概要が発表、決勝でのタイヤ交換義務ルールが追加

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本