スーパーフォーミュラ

カルデロン、2021年もSF参戦「自信と信頼関係を持ってシーズンに臨める」

タチアナ・カルデロンが、ThreeBond DRAGO CORSEのドライバーとして2021年もスーパーフォーミュラに参戦することが決定。意気込みのコメントをプレスリリースに寄せた。

カルデロン、2021年もSF参戦「自信と信頼関係を持ってシーズンに臨める」

 ThreeBond DRAGO CORSEは、2021年も前年に引き続き1台体制で全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦することを発表した。ドライバーもタチアナ・カルデロンが継続して務めることになる。

 カルデロンは昨年7戦中5レースに参戦。ポイントを獲得するには至らなかったものの、シーズン終盤に向けて徐々にポジションを上げ、さらに最終戦終了後に行なわれたテストでも速さを発揮するなど、スーパーフォーミュラに徐々に慣れつつあるように見える。

 そのカルデロンは2021年シーズンに向け、次のようにプレスリリースにコメントを寄せた。

「まずはコロナ禍が1日でも早く終息することを心から願っています。この状況下で再びスリーボンド ドラゴコルセから参戦出来ることに非常に嬉しく思います」

 カルデロンはそう語る。

「昨年の経験から日本の文化にも触れ、チームと高いコミュニケーションが図れたことで、自信と信頼関係を持ってシーズンに臨めると感じています。私にとってファミリーの様なチームと温かいファンの皆さまの前で同シリーズを戦えることに感謝しております。私も最大限の準備をしますので、日本の皆さま、サーキットで再びお会いしましょう」

 またチームの道上龍監督も、カルデロンとの2シーズン目に、期待感を語った。

「今シーズンもタチアナ選手を起用することになり大変嬉しく思います。昨シーズンは全戦出場が叶いませんでしたが、印象に残る走りを見せ、女性でも国内トップカテゴリーで互角に戦えることを証明してくれました」

「今年も彼女と共に戦えることになり、更に期待が高まっています。また彼女もチームも参戦2年目、更なる高みを目指し頑張ります」

Read Also:

シェア
コメント
B-Max、モトパークとの提携を終了へ。2021年はカーリンとの協力も模索?

前の記事

B-Max、モトパークとの提携を終了へ。2021年はカーリンとの協力も模索?

次の記事

目指すは国内ダブルタイトルの連覇! 山本尚貴、SFは“優勝請負人”として古巣に

目指すは国内ダブルタイトルの連覇! 山本尚貴、SFは“優勝請負人”として古巣に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
ドライバー タチアナ カルデロン
チーム Drago Corse