S耐第5戦オートポリス|接戦の末、777号車D’station Vantage GT3が今季4度目のPP

2020スーパー耐久第5戦オートポリス。公式予選では#777 D’station Vantage GT3が接戦の末ポールポジションを獲得した。

S耐第5戦オートポリス|接戦の末、777号車D’station Vantage GT3が今季4度目のPP

 オートポリスで開幕したピレリ スーパー耐久シリーズ2020の第5戦。公式予選はST-XクラスのD’station Vantage GT3が今季4回目となる総合ポールポジションを獲得した。

 当初は夏に開催予定だったスーパー耐久のオートポリス大会だが、新型コロナウイルスの影響でスケジュールが変更され、12月中旬の開催となった。それもあってか、天気は良いものの朝から厳しい寒さとなり、気温10度を下回るコンディションで予選がスタートした。

 まずAドライバー予選で速さを見せたのは、777号車の星野敏。1分49秒400をマークしライバルに対して0.8秒近い差をつけ、大きなアドバンテージを得た。続くBドライバー予選では0.001秒を争う接戦となったが、最終的に速さを見せたのは日産GT-R勢。#9 MP Racing GT-Rの柴田優作が1分47秒642をマークすると、#81 DAISHIN GT3 GT-Rの星野一樹もセッション終盤にタイムを伸ばし0.076秒差に迫る1分47秒718で2番手につけた。さらに#31 DENSO LEXUS RC F GT3の嵯峨宏紀もトップから0.083秒差の3番手につけ、トップ3が0.1秒以内にひしめく接戦となった。しかし、AドライバーとBドライバーのタイムを足した合計で見ると、777号車が0.4秒差でトップを死守。今季4度目のポールポジションを勝ち取った。2番手には31号車、3番手には#888 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3がつけた。

 ST-Zクラスは上位陣がコースレコードを更新する速さをみせ、#2 ケーズフロンティア SYNTIUM KTMがポールポジションを獲得。ST-1クラスはもてぎ戦のトラブルから復活した#28 ROOKIE Racing GR SUPRAのみのエントリーとなり、総合11番手で予選を通過した。ST-TCRクラスはランキング首位を快走する#290 F・Link Home CIVIC TCRが2戦連続、ST-2クラスは#32 ROOKIE Racing GR YARISが3戦連続でクラスポールポジションとなった。ST-3クラスは、今季からマシンを変えた#52 埼玉トヨペットGB クラウン RSが初ポールポジションを手にし、ST-4クラスは#310 GRGarage水戸インターGR86、ST-5クラスは#456 odula AVANTECH ロードスターがそれぞれクラストップから明日の決勝レースを迎えることとなった。

 なお、今回も決勝は全クラス混走の5時間耐久で争われ、10時45分にスタートが切られる予定だ。

Read Also:

シェア
コメント
S耐もてぎ|前戦大クラッシュから復活! 888号車HIRIXメルセデス今季2勝目

前の記事

S耐もてぎ|前戦大クラッシュから復活! 888号車HIRIXメルセデス今季2勝目

次の記事

MORIZOが乗るGRヤリスが最終戦待たずにST-2クラスチャンピオン決定!

MORIZOが乗るGRヤリスが最終戦待たずにST-2クラスチャンピオン決定!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパー耐久
執筆者 吉田知弘