F1
25 9月
FP3 まで
12 時間
:
21
:
15
MotoGP
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
スーパーGT
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
7 days
スーパーフォーミュラ
26 9月
次のセッションまで……
03 時間
:
21
:
15

予選でクラッシュを喫した81号車DAISHIN GT-R、スタートに向け懸命な修復作業が続く

シェア
コメント
予選でクラッシュを喫した81号車DAISHIN GT-R、スタートに向け懸命な修復作業が続く
執筆:

2020年のスーパー耐久第1戦富士24時間レース。ST-Xクラスではスタート前から波乱の様相。前日の予選でクラッシュを喫したGTNET MOTORSPORTSの#81 DAISHIN GT3 GT-Rは、今も修復作業が続いている。

 9月5日(土)15時にスタートを迎えるピレリ スーパー耐久シリーズ2020の第1戦「NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース」だが、前日の予選でクラッシュを喫したGTNET MOTORSPORTSの#81 DAISHIN GT3 GT-Rは修復作業に追われている。

 2018年、2019年ともに富士24時間で総合優勝を飾ったGTNET MOTORSPORTSはTeam DAISHINとコラボレーションし2020年大会に参戦。予選では総合4番手につけ、3連覇に向けてまずまずのスタートを切ったかに思われた。

 ところが、その後に行なわれたDドライバーの予選中、1コーナーの手前で右フロントホイールが脱落するアクシデントが発生。十分に減速しないままリヤからタイヤバリヤにクラッシュした。マシンに乗り込んでいた藤波清斗は自力で脱出し無事だったが、マシンは右フロント部分に加えてリヤ部分にも大きなダメージを負った。

 その損傷具合は思った以上に酷かったようで、チームスタッフは徹夜で修復作業にあたり、5日(土)の午前9時にようやくボディカウルが装着されるという状況だった。しかし、走行するための確認作業を強いられている状況で、午前10時10分~10時40分までのウォームアップ走行でコースインを果たすことができなかった。

 ピットガレージでは現在も慌ただしくスタッフがマシンを取り囲んでいるが、スターティンググリッドに並んでレーススタートを切るべく、誰ひとり諦めずに作業を続けている。

Read Also:

今年もパーツ取り車やキャンピングカーがズラリ! 各チームとも入念に“富士24時間対策”

前の記事

今年もパーツ取り車やキャンピングカーがズラリ! 各チームとも入念に“富士24時間対策”

次の記事

2020年のS耐 富士24時間レースがスタート、序盤から各クラス接近戦の展開に

2020年のS耐 富士24時間レースがスタート、序盤から各クラス接近戦の展開に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパー耐久
イベント 第1戦 富士24時間
執筆者 吉田知弘