レースレポート
スーパー耐久 第5戦:もてぎ

残り2時間を切ってトップ車両がコースオフ。Grid Motorsportが今季2勝目でポイントリーダーに|S耐第5戦もてぎ

2022年スーパー耐久第5戦もてぎでは、888号車Grid Motorsport AMG GT3が優勝を飾った。

#888 Grid Motorsport AMG GT3

 ENEOSスーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook第5戦『もてぎ スーパー耐久 5Hours Race』は、9月3〜4日にモビリティリゾートもてぎにおいて5時間レースとして行なわれ、終盤にトップを奪った888号車Grid Motorsport AMG GT3(マーティン・ベリー/ショーン・トン/高木真一/山脇大輔)が逃げ切って第3戦SUGO以来の2勝目を挙げ、0.5点差のポイントリーダーに立った。

 今回ST-3クラス以外のST-X、Z、TCR、Q、1、2、4、5クラスに全52台がエントリーしたが、1台が専有走行中にクラッシュを喫しエントリーを取り消し1台減の51台が出走した。

 3日に行なわれた公式予選はA、Bドライバーの合算タイムで決まるが、ポールポジションを獲得したのはST-Xクラス(全7台)の16号車ポルシェセンター岡崎911GT3R(永井宏明/上村優太/伊藤大輔)で、フロントローには23号車TKRI松永建設AMG GT3(DAISUKE/元嶋佑弥/中山友貴)がつけた。以下888号車メルセデス、777号車D’station Vantage GT3(星野敏/藤井誠暢/近藤翼)、ポイントリーダーの62号車HELM MOTORSPORTS GTR GT3(鳥羽豊/平木湧也/平木玲次)が続いた。

 4日の決勝レースは、晴天から雲が増え気温28℃というコンディションの11時04分にスタート。スタートでトップを奪ったのは23号車メルセデスの元嶋で、後続との差を広げる走りを見せた。これに777号車アストンマーティンの藤井、31号車RC Fの小高、888号車メルセデスのトン、16号ポルシェの永井という順に。

 スタートから2時間が経過した72周目、星野がドライブする777号車アストンマーティンの右後輪から白煙が上がりスローダウン。ドライブシャフトのトラブルによりピットインし優勝争いから脱落した。レースの半分が経過した13時34分の時点では、23号車メルセデスがトップを独走し、31号車RC F、62号車GT-R、888号車メルセデス、7番手スタートの81号車DAISHIN GT3 GT-R(大八木信行/藤波清斗/青木孝行/坂口夏月)、16号車ポルシェという順で周回を重ねていた。

 レースも残り2時間を切った14時21分、2番手を1分以上引き離してトップを走行していた23号車メルセデスのDAISUKEが、98周目のビクトリーコーナーで接触を避けようとしてグラベルベッドにコースオフ。これで31号車RC Fの小高がトップに立つことになった。

 最後のドライバー交代は14時52〜57分に集中した。3番手の62号車GT-Rは110周で平木湧へ、4番手の81号車GT-Rは111周で藤波へ、5番手の16号車ポルシェも同じ周に上村へ、トップの31号車RC Fは114周でジェントルマンドライバーの永井へ、2番手の888号車メルセデスも同じ周にトンへと各チームがアンカーに交代した。

 121周目に888号車メルセデスが31号車RC Fを捕らえてトップに立つと、131周目には81号車GT-Rも2番手に順位を上げ888号車メルセデスを追い上げにかかった。50秒近くあった2台の差は11秒まで縮まったが、147周目の16時4分でタイムアップ。888号車メルセデスが逃げ切り第3戦SUGO以来の今季2勝目を挙げて、0.5点差のポイントリーダーに立った。

 最終盤の145周目に31号車RC Fと62号車GT-Rを抜いた16号車ポルシェが3位でゴール。146周目には62号車GT-Rも4位に順位を上げたが、ランキングはトップと僅差の2番手となった。

 ST-Zクラス(全8台)は序盤からレースをリードしていた21号車Hitotsuyama Audi R8 LMS GT4(阿野雅樹/宮田莉朋/神晴也/阿野雄紀)がレース終盤にトップに返り咲いたが、チェッカー10分前に出たFCY中にピットインしてドライバー交代をしたためペナルティを受け初優勝は幻に。34号車テクノ・SUN’S・モノコレ G55(安田裕信/加納正樹/大木一輝)がジネッタとしても初の優勝を飾った。

 ST-TCRクラス(全2台)は75号車Team Noah Honda CIVIC TCR(清瀧雄二/蘇武喜和/”J”/芳賀邦行)が今季4勝目を挙げ、早くも2年連続のシリーズチャンピオンを確定した。ST-1クラス(全3台)は47号車D’station Vantage GT8R(浜健二/織戸学/JAKE PARSONS)が2連勝で総合でも7位に。ST-2クラス(全7台)は13号車ENDLESS GRヤリス(伊藤黎明/石坂瑞基/花里祐弥/岡田整)が初優勝を遂げた。ST-4クラス(全5台)は884号車シェイドレーシングGR86(石川京侍/国本雄資/山田真之亮)が初優勝。ST-5クラス(全13台)は4号車THE BRIDE FIT(太田郁弥/伊藤裕士/石澤浩紀/いとうりな)が2020年SUGO以来の今季初優勝を決めた。

 ST-Qクラス(全6台)は、3号車ENDLESS AMG GT4(小河諒/川端伸太朗/菅波冬悟/谷岡力)が総合9位でフィニッシュ。244号車Nissan Z Racing Concept(田中徹/名取鉄平/田中哲也)、28号車ORC ROOKIE GR86 CNF Concept(蒲生尚弥/豊田大輔/大嶋和也)、初めてレーシングカーにアイサイトを装着した61号車Team SDA Engineering BRZ CNF Concept(井口卓人/山内英輝/廣田光一)、55号車MAZDA SPIRIT RACING MAZDA2 Bio concept(寺川和紘/井尻薫/関豊/前田育男)は完走。32号車ORC ROOKIE GR Corolla H2 concept(佐々木雅弘/MORIZO/石浦宏明/小倉康宏)も8回の給油で完走した。

 
 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 「サーキットだからできることがある」ホンダ、レースを通してカーボンニュートラルへ挑む。HRCのS耐Qクラス参戦も?
次の記事 トヨタWECチーム、S耐もてぎで水素エンジン車両ら試乗「躍動感があり違和感なく楽しめる」

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本