HOPPY Team TSUCHIYA、2020年は“ダブルオーナー体制"で始動!

シェア
コメント
HOPPY Team TSUCHIYA、2020年は“ダブルオーナー体制"で始動!
執筆:
2020/01/29 13:56

参戦車両をポルシェ911 GT3Rに変更するつちやエンジニアリング。2020年はHOPPYとのタッグをさらに深めてシーズンを戦うことを明らかにした。

 スーパーGTのGT300クラスに参戦するつちやエンジニアリングが2020年の参戦体制を発表。「HOPPY Team TSUCHIYA」として、今シーズンは体制を強化して参戦することとなった。

 昨年は松井孝允/佐藤公哉のコンビで参戦。3度のポールポジションを獲得したものの決勝では思うように結果を残すことができず、未勝利でシーズンを終えることとなった。

 つちやエンジニアリングは2015年から使い続けてきた86マザーシャシーの使用を昨シーズン限りで終了。今季からポルシェ911 GT3Rに車両を変更することを決断した。そして、その詳細な体制が1月29日に明らかにされた。

 この日はチーム、スポンサー関係者に加えてチームをいつも応援するサポーターらも出席して、「2020キックオフライブ」を開催。そこで改めて2020シーズンのスーパーGT参戦体制が発表され、今までは「つちやエンジニアリング」として参戦していたが、今年は「HOPPY Team TSUCHIYA」にエントラント名を変更して参戦することを明らかにした。今まではスポンサーという形でチームをサポートしていたホッピーと“パートナーシップ”を組むことになり、土屋監督とホッピービバレッジの石渡美奈社長による“ダブルオーナー体制”で2020シーズンを戦う。

 具体的にはつちやエンジニアリング側がレースでマシンを走らせることなど主に技術面に集中し、ホッピー側がスポンサー関係の取りまとめなど、マネジメント面を担当することになるという。

「プライベートチームにとっては、これほどまでに強力なサポートはないです。毎年毎年『次の年は参戦できるのかな……』と頭を悩ませていたんですが、この体制になったことで、そこを気にしなくて良くなります。(石渡)美奈社長に甘えさせていただいて、僕たちは走ることだけに集中します。ホッピーさんという強力なパートナーとサポートしていただける皆さんとともに、(今年は)最後まで走り抜けたいなと思います」

 またホッピービバレッジの石渡美奈社長もステージに登壇したが、体調不良で声が出せない状況だったため、異例ながら筆談でのトーク参加となったが「V奪還!」と力強く今季に向けた意気込みを表明した。

 注目のドライバーラインアップは昨年と変わらず松井孝允と佐藤公哉のコンビで臨む。またチームのレースクイーンも発表され、昨年に続き岡島彩花さんが担当。さらにもうひとりを起用する予定で、現在その募集を今行なっているという。

 チーム在籍6年目を迎える松井は参戦車両が変わる今シーズンに向けてこのように語った。

「2020年もHOPPY Team TSUCHIYAでドライブすることができることをすごく嬉しく思っています。2018年と2019年は勝ち星がなくて、非常に悔しい思いをしました。今年はいち早く“勝利”を挙げて、チャンピオンに向かって進んでいければなと思います」

 一方、昨年の特別交流戦ではホッピー色に合わせて髪をピンクに染めていた佐藤だが、この体制発表では気合いを入れるために金髪姿で登場。チーム加入2年目に向けた決意を述べた。

「2年目もよろしくお願いします。まずは“見た目”からやってきました。昨年悔しい思いをして、自分のミスで台無しにしてしまったレースもありましたし、もっとこうした方がよかったなと思うところもありました。今年は“見た目”だけではなくて、身体も一から鍛え直してシーズンに向けて備えていっています。より結果を出していけるように頑張っていきます」

 なお、今季の参戦車両となるポルシェ911 GT3Rは今月末に日本に到着する予定で、2月中にシェイクダウンを行なう予定だという。

Read Also:

次の記事
スーパーGTデビューを果たす大湯都史樹、狙うは“福住超え!”

前の記事

スーパーGTデビューを果たす大湯都史樹、狙うは“福住超え!”

次の記事

ポルシェを導入するHOPPY team TSUCHIYA、一番の急務は「タイヤ開発」

ポルシェを導入するHOPPY team TSUCHIYA、一番の急務は「タイヤ開発」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘