GSR、谷口&片岡コンビ継続。新型マシン投入で”ジンクス”の2020年戴冠狙う

シェア
コメント
GSR、谷口&片岡コンビ継続。新型マシン投入で”ジンクス”の2020年戴冠狙う
2019/12/21 5:32

GOODSMILE RACING & TeamUKYOが2020年の参戦体制を発表。谷口信輝と片岡龍也のコンビを継続し、GT300クラス王座奪還を目指す。

 12月21日(土)、GOODSMILE RACING & TeamUKYOの2020年のスーパーGT参戦体制が発表された。チーム監督に片山右京、ドライバーに谷口信輝と片岡龍也という変わらぬ布陣で、GT300クラスの王座奪還を目指す。

 株式会社グッドスマイルカンパニーは、“ファンと共に走るレーシングチーム”のコンセプトで、初音ミク GTプロジェクト、グッドスマイルレーシング(GSR)を展開。これまでのスーパーGT参戦で、2011年、2014年、2017年の3度、GT300クラスでシリーズチャンピオンを獲得してきた。

 2018年、2019年も最終戦までチャンピオン獲得の権利を残しながら、戴冠には至らなかったGSR。3年周期でチャンピオンを獲得しているチームにとって、2020年は”ジンクス”の年。それだけに、王座奪還に向けて気合いが入っているようだ。

 参戦体制は、エントラント代表をグッドスマイルカンパニー代表取締役社長である安藝貴が務め、監督は元F1ドライバーの片山右京、ドライバーが谷口信輝と片岡龍也、メンテナンスガレージはRSファインと、盤石の体制を継続。参戦マシンもYOKOHAMAタイヤを履くメルセデスAMG GT3で変わらないが、大幅な改良を受けて戦闘力を高めた2020年型のマシンが新たに投入される。

 毎年異なるクリエイターによって生み出され、初音ミクGTプロジェクトのシンボルとなっているレーシングミクのデザインは、「マジカルミライ2016」の初音ミクデザインで人気を博したLEN[A-7](レナ)氏が担当。プロジェクト全体のアートディレクションは、キャラクターデザイナーであり、2014年から初音ミクGTプロジェクト・アートディレクションを手掛けるコヤマシゲト氏が引き続き担当する。

 注目のマシンカラーリングは2020年1月10日(金)〜12日(日)に幕張メッセで開催の「東京オートサロン2020」会場にて初公開される。また、レーシングミクサポーターズ2020(レースクイーン)は2月9日(日)開催の「ワンダーフェスティバル2020」会場にて発表される。

 なお、GSRは「SUZUKA 10 HOURS」にも、いち早く参戦を表明。2018年の初開催から3年連続での参戦となる。こちらの体制は今後発表されることになるようだ。

 初音ミクGTプロジェクトの特色とも言える個人スポンサー制度も、体制発表に合わせて2019年12月21日より募集を開始。2020年の個人スポンサーには新たなコースが設けられており、盛りだくさんの内容となっている。詳細はGOODSMILE RACING 公式サイト(http://www.goodsmileracing.com/)で確認してほしい。

レーシングミク 2020Ver. © LEN[A-7] / Crypton Future Media, INC. www.piapro.net directed by コヤマシゲト

レーシングミク 2020Ver. © LEN[A-7] / Crypton Future Media, INC. www.piapro.net directed by コヤマシゲト

Photo by: Goodsmile Racing

Read Also:

次の記事
みんなで振り返ろう、2019年のモタスポ。あなたの“今年1番”をTwitterで募集!

前の記事

みんなで振り返ろう、2019年のモタスポ。あなたの“今年1番”をTwitterで募集!

次の記事

2019年に活躍したトップドライバー50選。日本人はふたりがランクイン

2019年に活躍したトップドライバー50選。日本人はふたりがランクイン
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT