TEAM KUNIMITSU、スーパーGT岡山テストで武藤英紀を起用。療養中の牧野の代役

TEAM KUNIMITSUは、3月6日から行なわれるスーパーGT岡山テストにおいて、病気療養中の牧野任祐に代わって武藤英紀を起用することとなった。

TEAM KUNIMITSU、スーパーGT岡山テストで武藤英紀を起用。療養中の牧野の代役

 スーパーGTのGT500クラスに参戦するTEAM KUNIMITSUは、岡山国際サーキットでの公式テストを前日に控えた3月5日、ドライバー変更を発表。牧野任祐に代わって武藤英紀を今回の岡山テストで起用することを明らかにした。

 牧野は昨年12月、髄膜炎を発症して入院。直後に行なわれたスーパーフォーミュラ最終戦を欠場していた。

 その後退院し、療養を続けている牧野だが、2021年シーズン最初の公式テストである今回の岡山テストは参加しない運びとなった。

 牧野の代わりに1号車STANLEY NSX-GTを”第2ドライバー”としてドライブするのは、ベテランの武藤。彼は2014年にTEAM KUNIMITSUに所属していた経験があり、その後もホンダ陣営の一員としてGT500クラスを戦ってきた。昨年まではTEAM MUGENに所属していたが、彼らは今季から笹原右京と大湯都史樹という若手コンビでシーズンを戦うこととなったため、武藤はレギュラーシートを失っている。

 

Read Also:

シェア
コメント
ROOKIE RacingとNTTコミュニケーションズがパートナー契約を締結。IoT技術の活用を目指す

前の記事

ROOKIE RacingとNTTコミュニケーションズがパートナー契約を締結。IoT技術の活用を目指す

次の記事

【スーパーGT】岡山公式テスト|セッション1タイム結果

【スーパーGT】岡山公式テスト|セッション1タイム結果
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT