チームクニミツが2021年の体制を発表。配色一新、車両名は『STANLEY NSX-GT』

TEAM KUNIMITSUが2021年シーズンのスーパー参戦体制を発表。新たなカラーリングと車両名を明らかにした。

チームクニミツが2021年の体制を発表。配色一新、車両名は『STANLEY NSX-GT』

 2020年のスーパーGT GT500クラスでシリーズチャンピオンを獲得し、2021年はディフェンディングチャンピオンとしてシーズンに臨むTEAM KUNIMITSUは、1月18日にその参戦体制を発表。新たな車両名と共にカラーリングも公開された。

 TEAM KUNIMITSUと言えば、メインスポンサーのスタンレー電気が展開するブランド”RAYBRIG”のロゴを長年マシンに掲示し、マシンカラーにはブルーを採用してきた。しかしながら、スタンレー電気は2021年3月いっぱいでRAYBRIGブランドの商品販売を終了することを発表。同時にTEAM KUNIMITSUのRAYBRIGカラーも2020年シーズンで見納めとなり、2021年のカラーリングがどうなるのかという点に注目が集まっていた。

 TEAM KUNIMITSUとスタンレー電気がプレスリリースで明かしたところによると、スタンレー電気は2021年、TEAM KUNIMITSUを『STANLEY』ブランドとしてスポンサードしていくとのこと。昨年までRAYBRIGのロゴが掲げられていたボンネット、ドア部分にはオレンジ色で“STANLEY”のロゴが記されている。そしてマシンのメインカラーは青ではなく、全体的に黒みがかった印象となっている。

 これに伴い、車両名も『STANLEY NSX-GT』に変更。2019年以来2年ぶりにカーナンバー『1』を背負うこととなった。なお、ドライバーラインアップに関しては1月15日のホンダ2021年参戦体制発表で明らかになった通り、山本尚貴と牧野任祐で継続となる。

 今回の発表に際し、TEAM KUNIMITSUの高橋国光総監督は次のようにコメントした。

「昨シーズンは劇的なチャンピオン獲得の年となり、皆様のおかげで素晴らしいシーズンになりました。今年は新たに『STANLEY』というロゴを背負い、車両名も新たに『1号車 STANLEY NSX-GT』として参戦して参ります」

「山本選手、牧野選手という頼もしい選手、チーム一同、そしてご支援頂く全ての皆様の力を借りて、今シーズンもファンの皆様にモータースポーツを通して感動をお届けできるよう、チャンピオン連覇を目指して戦ってまいります。チームクニミツの応援をどうぞよろしくお願い致します」

 

Read Also:

シェア
コメント
日産/ニスモが2021年GT500の体制を発表。松下信治がインパルに加入

前の記事

日産/ニスモが2021年GT500の体制を発表。松下信治がインパルに加入

次の記事

フェネストラズ、2021年は37号車トムスをドライブへ……合同テストも開始

フェネストラズ、2021年は37号車トムスをドライブへ……合同テストも開始
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
チーム チーム・クニミツ