【スーパーGT】ついにポールに届いた16号車レッドブル、過去数戦の悔しさ晴らせるか?「今までと違うレース見せられるはず」と笹原右京

スーパーGT第6戦オートポリスでポールポジションを獲得した笹原右京は、決勝レースの展開がどうなるかは分からないとしつつも、レースペースに苦しんだ過去数戦とは違う走りを見せられるのではないかと語った。

【スーパーGT】ついにポールに届いた16号車レッドブル、過去数戦の悔しさ晴らせるか?「今までと違うレース見せられるはず」と笹原右京

 オートポリスで行なわれた2021年スーパーGTの第6戦でポールポジションを獲得したのは、16号車Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT。過去2戦で惜しくも2番手に留まっていた彼らが、ついにポールを勝ち取った。笹原右京、大湯都史樹の両名にとってもGT500初ポールだ。

 Q2のアタックを担当した笹原は、予選後記者会見で次のように語った。

「Q1で大湯選手が素晴らしいアタックをしてくれました。タイヤとクルマを信じて踏み込める状態を作ってくれたので、あとはいつも通りのアタックをするだけでした。チームがRed Bull MUGENになってから、ポールを獲得するまで道のりが長かったですが、結果で(チームに)恩返しができて良かったです」

「このポールは決してひとりで取れたものではありません。ダンロップタイヤさん、タイヤ開発をしてくれている64号車(Modulo NSX-GT)さんなどの細かな取り組みが積み重なった結果だと思います」

 3戦連続フロントロウと、ここ最近予選で際立つ速さを見せている16号車のふたりだが、過去2戦は決勝でズルズルと後退するレース展開を強いられ、悔しい思いをしてきた。レースペースに関する懸念について「120%解消されている、という自信を持ってここオートポリスに来ています」と語る大湯に対し、笹原は「120%とまでは流石に言えませんが……」と前置きしつつ、レースへの期待を感じさせるコメントを残した。

「今までとは違うレースが見せられるんじゃないかと思います」

「オートポリスはタイヤに厳しいと言われているコースですが、僕たちは毎戦トライを続けて次に繋げるということをテーマにしています。明日はどうなるか分かりませんが、ふたりの力、チームの力を合わせれば、面白い結果を残せると思います」

 そして大湯も次のようにコメントし、チームの進歩を見せたいと述べた。

「僕たちは今回、予選というより決勝のペースを改善すべく臨んでいます。色々とやって来ているので、レースペースが改善している部分も見てもらいたいと思います」

 

Read Also:

シェア
コメント
スーパーGT第6戦オートポリス予選レポート(GT500):16号車レッドブルの笹原が初のポールを獲得
前の記事

スーパーGT第6戦オートポリス予選レポート(GT500):16号車レッドブルの笹原が初のポールを獲得

次の記事

【スーパーGT】BoPに苦しんできた31号車プリウスが今季初PP。ハイブリッド面の改善で光明が見えた?

【スーパーGT】BoPに苦しんできた31号車プリウスが今季初PP。ハイブリッド面の改善で光明が見えた?
コメントを読み込む