【スーパーGT】悔しい……坪井翔&36号車トムス一歩及ばす2位「でも幸先良いスタートが切れた」

36号車au TOM'S GR Supraを駆り、2021年のスーパーGT開幕戦岡山で2位になった坪井翔は、勝てなかったことに「悔しい」と語りつつも、タイトル争いに向け手応えを感じ取ったようだ。

【スーパーGT】悔しい……坪井翔&36号車トムス一歩及ばす2位「でも幸先良いスタートが切れた」

 岡山国際サーキットで行なわれた2021年のスーパーGT開幕戦。GT500クラスを制したのは、#14 ENEOS X PRIME GR Supraの大嶋和也と山下健太だった。

 ただ、楽に勝利を手にしたわけではない。特に山下がドライブした第2スティントは、終始#36 au TOM'S GR Supraの坪井翔からプレッシャーをかけられ続ける厳しい状況。しかし山下はこれに耐え、トップチェッカーを受けた。

 一歩及ばなかった坪井はレース後、「悔しかった」とその心境を吐露した。

「悔しいですね。僕の方が圧倒的に速かったので、違うコースならば良かった……」

 そう坪井は語った。

「ここ岡山は、インを抑えられたら抜けないですし、際どいラインでの走行でした。少し接触もありましたが、スープラ同士でぶつかってはいけないと思いながら、無理せず仕掛けていきました。その中で際どいところを攻められ、コースをはみ出すしかない状況が何度か続きました」

 75周目のヘアピンで、坪井はアウト側から山下に並びかけ、そしてブレーキング競争になった。しかし坪井は減速し切れず、グラベルまで飛び出してしまい……これで勝負は決した。

「(オーバーテイクを成功させるためには)アウト側から行って、あれくらい突っ込むしかなくて……その結果コースをはみ出してしまいました。そこは反省点ですけど、あそこで行かなければ『ああ、コイツは仕掛けてこないドライバーなんだな』と思われてしまうかもしれません。そう思われるのは嫌なので、行くところは行くんだというところをしっかり見せました」

「ただ、3〜4番手争いのマシンがすぐ後ろにいたら、僕は表彰台に登れなかった……そういう意味では、飛び出してはいけません。飛び出さないギリギリのところで行けるかというのは、自分の課題だと思います」

「でも冷静に考えれば、3番手からスタートして2位でゴールできたので、それはポジティブなことです。第2スティントは誰よりも速かった。だからまた頑張ろうと思います」

 あと一歩のところで優勝には手が届かなかった坪井。しかしこの速さを発揮し続けていけば、いつか勝つチャンスが来るはずだと語る。

「スーパーGTはサクセスハンデが載せられてしまうので、勝てる時に勝っておかないと、次にいつ勝てるか分かりません。でも一番重要なのはチャンピオンを取ることなので、2位で終われて幸先の良いスタートが切れたと思います」

「圧倒的にクルマの速さはありそうなので、勝つチャンスもやってくると思います。なので、しぶとく戦っていきたいです。次の富士はスープラが得意とするコースですし、ウエイトも30kgしか積みませんから……粘り強く戦えばチャンスもあります。500kmと距離が長いですから、勝ちたいですね」

 ただ今回速さを見せられたことで、悲願のタイトル争いに手応えを感じていると、坪井は語る。

「ウエイトを積んでいないレースでこれだけの速さを見せられたということは、チャンピオン争いに加われるだけのパフォーマンスがあるということだと思います。重いウエイトを積んだ時に、どれだけポイントを獲ることができるか……そこをうまくやって、今年こそチャンピオンを掴み取りたいと思います」

 

Read Also:

シェア
コメント
スーパーGT第1戦岡山決勝:スープラの山下と坪井の手に汗握る一騎打ち。ルーキーレーシングが初優勝を飾る

前の記事

スーパーGT第1戦岡山決勝:スープラの山下と坪井の手に汗握る一騎打ち。ルーキーレーシングが初優勝を飾る

次の記事

2019年王者コンビ大嶋&山下がルーキーレーシングで初優勝「モリゾウさんにタイトルで恩返しを」

2019年王者コンビ大嶋&山下がルーキーレーシングで初優勝「モリゾウさんにタイトルで恩返しを」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第1戦:岡山
サブイベント 決勝
ドライバー 坪井 翔
チーム TOM'S
執筆者 田中 健一