【スーパーGT】PACIFIC CARGUY、もてぎ&鈴鹿で木村武史に代わり横溝直輝を起用

PACIFIC CARGUYは、スーパーGTの第4戦もてぎおよび第3戦鈴鹿で、木村武史に代わり横溝直輝を起用することを発表した。

【スーパーGT】PACIFIC CARGUY、もてぎ&鈴鹿で木村武史に代わり横溝直輝を起用

 スーパーGTに参戦するPACIFIC CARGUY Racingは、7月17〜18日に開催予定の第4戦もてぎ300kmレースおよび8月21〜22日に開催予定の第3戦鈴鹿300kmレースで、木村武史に代わって横溝直輝を起用することを発表した。

 今季のスーパーGTに木村武史とケイ・コッツォリーノのコンビで参戦している#9 PACIFIC NAC CARGUY Ferrari。ただ木村は、並行してWEC(世界耐久選手権)のLM-GTE Amクラスにケッセル・レーシングから参戦中。スーパーGTの鈴鹿戦が8月に開催延期となったことで、ル・マン24時間レースと日程が重複することになってしまったため、チームは木村に代わって横溝を起用することを決めたようだ。

 なおケッセル・レーシングは、スーパーGTのもてぎ戦と同じ週末に行なわれる予定のWECモンツァ6時間レースにも参戦する予定となっていたが、6月29日にはこのエントリーを取りやめたことが明かされた。ただ木村はスーパーGTもてぎ戦に参戦せず、横溝が鈴鹿戦と共にコッツォリーノのパートナーを務めることになった。

 

Read Also:

シェア
コメント
英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記「平川亮はWECのレギュラーとなれるのか?」

前の記事

英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記「平川亮はWECのレギュラーとなれるのか?」

次の記事

【スーパーGT】18年ぶりのビッグタイトルを目指すスバル。新型BRZでの戴冠はレース活動拡大の第一歩に?

【スーパーGT】18年ぶりのビッグタイトルを目指すスバル。新型BRZでの戴冠はレース活動拡大の第一歩に?
コメントを読み込む