【訃報】23号車NISMO監督、鈴木豊氏亡くなる。享年56歳

スーパーGTの23号車NISMOのチーム監督を務めていた鈴木豊氏が亡くなったことが分かった。56歳だった。

【訃報】23号車NISMO監督、鈴木豊氏亡くなる。享年56歳

 NISMOは、同社のレース部部長であり、スーパーGTの23号車の監督兼GT500車両開発チーフエンジニアの鈴木豊氏が、12月19日に亡くなったことを発表した。56歳だった。

 鈴木氏はグループCカーやJTCC用マシンの開発を担当。2009年からNISMOのチーム監督を務めてきた。EVレーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」の開発責任者も務めるなど、技術面でもマネジメント面でも日産/NISMOを支えた存在だった。

 2021年シーズンも同チームの監督を務めていたが、NISMOによると以前より闘病しており、第3戦以降はリモートでチームをサポートしていたという。

 心よりお悔やみ申し上げます。 

 
Read Also:

シェア
コメント
【スーパーGT】LEON RACING、2022年参戦体制を発表。篠原拓朗が蒲生尚弥の新パートナーに
前の記事

【スーパーGT】LEON RACING、2022年参戦体制を発表。篠原拓朗が蒲生尚弥の新パートナーに

次の記事

笹原右京が感じていた”危機感”とデモ走行イベントで得た”光”「モータースポーツの未来に繋がる活動を続けていく必要がある」

笹原右京が感じていた”危機感”とデモ走行イベントで得た”光”「モータースポーツの未来に繋がる活動を続けていく必要がある」
コメントを読み込む