RAYBRIGブランド終了に伴い、”RAYBRIG NSX-GT”今週末ラストラン。チームは活動継続

シェア
コメント
RAYBRIGブランド終了に伴い、”RAYBRIG NSX-GT”今週末ラストラン。チームは活動継続
執筆:

25年以上に渡って国内トップカテゴリーで活躍してきたRAYBRIGのカラーリングが今季限りで見納めになることとなった。

 2020スーパーGTに参戦するTEAM KUNIMITSUのメインスポンサーを務めるスタンレー電気は、2021年3月を持って”RAYBRIG”ブランドでの商品販売を終了することを発表した。それに伴いTEAM KUNIMITSUが走らせる車両も、今週末の2020年最終戦富士が”RAYBRIG NSX-GT”として戦う最後のレースとなる。

 TEAM KUNIMITSUとRAYBRIGのパートナーシップがスタートしたのは1995年。チームを率いる高橋国光がル・マン24時間レースに参戦したクラス優勝を飾った時からサポートを続けており、1996年にはスーパーGTの前身にあたる全日本GT選手権にRAYBRIGブルーを纏った車両が初登場した。RAYBRIGは以来26年もの長きに渡ってチームを支援し、多くのファンに愛されてきた。

 2018年には山本尚貴/ジェンソン・バトン組で1勝を含む4度の表彰台獲得という活躍を見せ、チームそしてRAYBRIGカラーのマシンとして初めてGT500クラスチャンピオンを獲得。今季は山本の新パートナーとして牧野任祐が加入し、第7戦もてぎを終了した時点でドライバーズランキング3番手につけており、逆転チャンピオンの可能性を残している。

 しかしRAYBRIGブランドを手がけるスタンレー電気は11月26日付けのプレスリリースで、2021年3月いっぱいで同ブランドの商品販売を終了することを発表した。それに伴い、今週末に富士スピードウェイで行なわれるスーパーGT最終戦がRAYBRIG NSX-GTとして参戦する最後のレースになることがチームから明らかにされた。

 なお、TEAM KUNIMITSUとしては来季もスーパーGTヘの参戦を継続するとのこと。新体制については2021年1月に行なわれる東京オートサロンで発表することになるという。

Read Also:

安全対策のためスポーツランドSUGOがピットレーン拡張工事を開始

前の記事

安全対策のためスポーツランドSUGOがピットレーン拡張工事を開始

次の記事

RAYBRIGカラーのラストランを飾れるか? 山本尚貴&牧野任祐「最終戦は勝ちたい」

RAYBRIGカラーのラストランを飾れるか? 山本尚貴&牧野任祐「最終戦は勝ちたい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘