アルピーヌもLMDh車両を開発! 2024年から2台をWECに投入「F1とのシナジーを最大限活用する」

アルピーヌは、2024年からWECのハイパーカークラスに2台のLMDhマシンを投入して参戦すると発表。F1プロジェクトのあらゆるノウハウを活用するとしている。

アルピーヌもLMDh車両を開発! 2024年から2台をWECに投入「F1とのシナジーを最大限活用する」

 アルピーヌは、LMDh規定のマシンを新たに開発し、FIA世界耐久選手権(WEC)のハイパーカークラスに2024年から2台体制で参戦することを発表した。

 今季、WECでは新しい規定のLMH(ル・マン・ハイパーカー)車両がデビューし、ハイパーカークラスを戦っている。一方、昨シーズンまでLMP2クラスを戦っていたアルピーヌは、撤退したレベリオンが使用していたLMP1マシンを流用し、ハイパーカークラスにステップアップしている。

 レギュレーションの移行期間であることを考慮し、FIAとWECを主宰するACO(フランス西部自動車クラブ)は特別措置として、今季に限って旧規定にあたるLMP1マシンでの参戦を認めているのだ。

 そのため、アルピーヌがWEC参戦を継続するのか、その場合マシンをどうするのか注目されていた。

Read Also:

 アルピーヌは、次世代LMP2マシンをベースにしたLMDh車両の開発を決定。オレカのシャシーをベースに、F1のパワーユニット開発拠点でもあるヴィリー・シャティヨンで開発されたアルピーヌ製のエンジンを搭載して参戦するという。

 アルピーヌは2024年から4年間、WECのハイパーカークラスに参戦することを表明。LMH車両を使うトヨタやプジョー、フェラーリ、グリッケンハウスに加え、LMDh車両を使うアキュラ、アウディ、BMW、キャデラック、ポルシェといったメーカーと、WECやル・マン24時間レースだけでなく、北米のIMSAで競い合うことも可能となる。

 なおアルピーヌや、共にレースチームを運営しているシグナテックは、2024年の新型マシン投入までWECへの参戦を継続する意向を持っている。現状では来季以降LMP1マシンは使えなくなるが、その計画は「いずれ明らかにする」としている。

 シグナテックとパートナーシップを結び、2013年に耐久レースに復帰して以来、アルピーヌはヨーロピアン・ル・マン・シリーズでタイトルを獲得。WECではLMP2クラスで複数回のタイトル獲得を果たし、ル・マン24時間レースでも3回のクラス優勝を果たした。また今年のル・マンでは、LMP1マシンで総合3位となっている。

 アルピーヌのローラン・ロッシCEOは、「アルピーヌの耐久プログラムは、モータースポーツにおけるアルピーヌの献身と意欲を示すものだ」と語った。

「アルピーヌは、F1と耐久レースの両方に参戦することで、モータースポーツのふたつの重要なカテゴリーに存在する数少ないブランドのひとつとなる」

「専門的、技術的なシナジーを最大限に活用し、F1と耐久レースで一流のライバルたちに対して優位に立ちたいと思う」

 シグナテック・アルピーヌのチーム代表であるフィリップ・シノーは、「アルピーヌがLMDhに参入するにあたり、シグナテックが選ばれたことを大変誇りに思う。これは、8年前に始まったプロジェクトの集大成だ」と話した。

「これまで以上に、我々は大きな野心を持ち、協力関係をさらに発展させていきたいと思っている」

「モータースポーツ界で32年のキャリアを持つ私は、情熱を持ち、勝利を求めるブランドであるアルピーヌと共に、地球上で最も有名なメーカーたちに挑戦するのが待ちきれない」

 またACOのピエール・フィヨン会長は、次のように述べている。

「耐久レースの新しいプレミアリーグであるハイパーカークラスに、またひとつ名門メーカーが加わった。この1年で非常に多くの発表があったが、アルピーヌからの最新の発表は、我々にとって素晴らしいニュースだ」

「ハイパーカーのレギュレーションは成功しており、このような質の高いグリッドが形成されることは喜ばしいことだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
ル・マン24時間参戦を目指すオジェ、来季は下位クラスで耐久レースの経験を積む可能性も?
前の記事

ル・マン24時間参戦を目指すオジェ、来季は下位クラスで耐久レースの経験を積む可能性も?

次の記事

アルピーヌ、2022年も旧型マシンでWEC参戦継続が可能に。LMP1車両のホモロゲーション期間が延長

アルピーヌ、2022年も旧型マシンでWEC参戦継続が可能に。LMP1車両のホモロゲーション期間が延長
コメントを読み込む