WEC 富士6時間

アルピーヌ、トヨタとの大差負けに落胆も……ラピエール「可能性がある限りはすべてを出し切る」

アルピーヌのニコラ・ラピエールは、WEC富士でトヨタに大差をつけられてしまったことを残念に思っているという。

#36 Alpine Elf Team Alpine A480 - Gibson of Andre Negrao, Nicolas Lapierre, Matthieu Vaxiviere

 2019年以来の開催となったWEC富士は、トヨタがワンツーフィニッシュ。ニコラ・ラピエール、アンドレ・ネグラオ、マシュー・バクシビエールがシェアするアルピーヌ36号車は、2周遅れの3位に終わった。

 アルピーヌはこの週末、前戦モンツァよりも約40馬力も最大出力を抑えるという性能調整(BoP)を受けており、初日のフリー走行が終わった時点で、ネグラオはトヨタに対抗することはできないとコメント。3位が望みうる最高の結果だと語っていた。

 実際に、ネグラオのコメント通りの結果となったわけだが、ラピエールはセーフティカーやフルコースイエローが出なかったレースでトヨタ勢に全く対抗できなかったことに、苛立ちを隠せない様子だ。

「結果は予想通りだったが、予想以上の差だった」と語った。

「6時間のレースで2周というのは、かなり多い。それに戦略の面でもあまりできることはなかった。何も起きなかったし、使える燃料もトヨタより少なかったので、ピットストップウインドウは広くなかったんだ」

 

 今回の結果、アルピーヌはトヨタ8号車と同ポイントで最終戦バーレーン8時間に臨むことになる。

 ラピエールは、最終戦でもトヨタが優勝候補だとしながらも、富士での悔しさをバネに最後までプッシュすることを誓った。

「バーレーンは長いストレートが多いので、トヨタには合っているコースだと思うけれど、まだ可能性はある」

「チャンスがある限りは、すべてを出し切るつもりだ」

「トヨタは今季ずっとそうであったように、優勝候補であることは分かっている。でも僕たちにもチャンスはある。ポイント数も同じなので、戦ってみるよ」

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 グリッケンハウス、一足早くシーズン終了? WEC最終戦バーレーンのエントリーリストに名前なし
次の記事 ランボルギーニ、2024年からWEC&IMSA投入予定のLMDh車両に新型V8ターボ搭載へ……スクアドラ・コルセで新設計

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本