バイコレス、『ヴァンウォールLMH』をドイツでロールアウト。2023年のWEC参戦を目指す

バイコレスは、2023年のFIA世界耐久選手権への参戦に向け、ヴァンウォールLMHのロールアウトをドイツで実施した。

バイコレス、『ヴァンウォールLMH』をドイツでロールアウト。2023年のWEC参戦を目指す
Listen to this article

 コリン・コレス率いるバイコレス・レーシングは3月31日、ドイツの某飛行場で『ヴァンウォール・バンダーベルLMH』と名付けられた新型ハイパーカーをロールアウトした。

 チームは、この車両の画像を2月25日に初公開したばかりだが、ドイツの飛行場で非公開ながら最初の一歩を踏み出した。ステアリングを握ったのは、1993年にプジョーでル・マン総合優勝を飾った経験を持ち、バイコレスとの関わりも深いクリストフ・ブシューだったようだ。

 ヴァンウォール・バンダーベルLMHのトラックテストは4月に開始される予定となっている。おそらくチェコのモスト・サーキットで、バイコレスのテストドライバーであるトム・ディルマンとエステバン・グエリエリがドライブを担当することになるだろう。

 バイコレスは当初、2022年にFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦する予定だったが、このエントリーは選考委員会から却下されてしまった。

 その理由について、WEC側は「エントリーを受け入れるために必要な基準を満たしていないと判断した」と発表。以後、それ以上詳細な説明はされていないが、チーム代表であるコレスは、”歓迎されるなら”来年レースを戦う準備はできていると語った。

 バイコレスが2022年のエントリーを確保していた場合、車両のホモロゲーション取得を前にしたテストに時間が必要なため、開幕戦セブリングをスキップし、第2戦のスパからデビューする予定だった。

 バイコレスのニューマシンの名称を見て、ピンと来るモータースポーツファンも多いだろう。トニー・バンダーベルによって設立された英国のコンストラクターであるヴァンウォールは、1954年からF1に参戦。スターリング・モスやトニー・ブルックスらが活躍し、1958年から制定されたコンストラクターズ・チャンピオンシップの初代王者にも輝いた。

 バイコレスのプロジェクトを包括しているPMC GmbHは、商標のひとつとして『ヴァンウォール』を保持しており、新しいマシンにその伝統的なブランドを名付け、モータースポーツの世界に復活させようとしているのだ。

 バイコレスのWEC参戦が実現すれば、WECのハイパーカークラスはさらに拡大することになる。すでに参戦しているトヨタやグリッケンハウス、2022年中のデビューが予定されるプジョーに加え、フェラーリやバイコレスのLMH車両、ポルシェなどのLMDh車両が参戦することになるからだ。

 他にもアキュラやBMWといったメーカーがLMDh車両の開発を進めているが、こちらは主に北米のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権をプログラムの中心に据えている。ただ、これらのメーカーも伝統的なル・マン24時間レースの参戦は検討していると見られている。

ByKolles Vanwall LMH Hypercar
ByKolles Vanwall LMH Hypercar
1/7

写真:: ByKOLLES Racing

Christophe Bouchut, ByKolles Vanwall LMH Hypercar
Christophe Bouchut, ByKolles Vanwall LMH Hypercar
2/7

写真:: Vanwall Group

ByKolles Vanwall LMH Hypercar
ByKolles Vanwall LMH Hypercar
3/7

写真:: ByKOLLES Racing

ByKolles Vanwall LMH Hypercar
ByKolles Vanwall LMH Hypercar
4/7

写真:: ByKOLLES Racing

Hypercar Vanwall Racing ByKolles
Hypercar Vanwall Racing ByKolles
5/7

写真:: ByKOLLES Racing

Hypercar Vanwall Racing ByKolles
Hypercar Vanwall Racing ByKolles
6/7

写真:: Vanwall Group

ByKolles Vanwall LMH Hypercar
ByKolles Vanwall LMH Hypercar
7/7

写真:: ByKOLLES Racing

 
Read Also:

シェア
コメント

日本のモータースポーツ界と自民党モータースポーツ議連が、海外レース関係者の入国緩和を関係省庁に協力要請

フェラーリ、次世代GT3マシン『296 GT3』をフィオラノでシェイクダウン

最新ニュース

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

F1 F1

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会 ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

Indy IndyCar

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

Auto Automotive

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上?

ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上?

LM24 Le Mans

ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上? ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上?