F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
00 時間
:
22
:
02
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
29 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
16 days

LMDhクラスとLMハイパーカー、同レベルのパフォーマンスに調整へ

シェア
コメント
LMDhクラスとLMハイパーカー、同レベルのパフォーマンスに調整へ
執筆:
2020/03/08 8:10

FIAは、WECにおいてLMDhプロトタイプ車両とLMハイパーカーが同レベルのパフォーマンスレベルにすることを目指しているという。

 3月6日にジュネーブで開催されたFIA世界モータースポーツ評議会(WMSC)は、今年1月に世界耐久選手権(WEC)とIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権が発表した新しいプロトタイプカーのカテゴリ『LMDh』の全体的な原則を承認した。

 しかしWMSCの発表によると、2021-22年シーズンからLMDhクラスがWECに参戦し、LMHクラスの車両と戦うことになる際は、パフォーマンスが同じレベルになるように調整されるという。

「パワーユニットの性能や空力特性、車重などのパラメーターは、ル・マン・ハイパーカー(LMH)とLMDhの両方が調整され、確実に両方が同じパフォーマンス・ウィンドウで運用されるようにする」

 パフォーマンス調整に関して、それ以上の詳細は発表されていない。LMDhクラス車両は、LMP2車両をベースに開発されるとしており、現行LMP2車両の最小重量は930kgとなっている。2018年12月に公開されたLMH車両の最小重量は1100kgであり、両者の間には大きな隔たりがある。

 一方で、2クラスの車両のパワーを等しくすることはそれほど難しくは無い。LMH車両の最大出力は、ハイブリッド・システムを搭載しているかどうかに関わらず750hpと定められている。IMSAの現行最高峰クラスであるDPi車両の出力は600hpを超える程度だが、LMDh車両にエネルギー回生システムが搭載されれば、パワーは底上げされるはずだ。

 LMDhのレギュレーション詳細は、3月18日〜22日にセブリングで行なわれるWECとIMSAのダブルヘッダーイベントで発表される予定だ。

 2022年からWECに参戦する意向であるプジョーは、3月末までにLMH規定のマシン開発を進めるか、新たに発表されたLMDh規定に切り替えるのかを決定するとしている。

 プジョーの親会社であるグループPSAのモータースポーツ部門代表のジャン-マルク・フィノは、2種類のマシンが完全に公平であることが重要だと述べ、パフォーマンス調整でバランスを取るのは不可能だと主張した。

 なお今回のWMSCで、WECの2020-2021年シーズンカレンダーが承認された。暫定カレンダーから変更はなく、南アフリカのキャラミでWEC初のレースが開催されることになる。

2020-21 WEC カレンダー

日付 開催地
9月5日 United Kingdom シルバーストン6時間
10月4日 Italy モンツァ6時間
11月1日 Japan 富士6時間
12月5日 Bahrain バーレーン8時間
2月6日 South Africa キャラミ6時間
3月19日 United States セブリング1000マイル
4月24日 Belgium スパ6時間
6月12-13日 France ル・マン24時間
 

Read Also:

次の記事
FIA、新型コロナウイルス”危機対策部門”を設立「世界のモータースポーツを守る」

前の記事

FIA、新型コロナウイルス”危機対策部門”を設立「世界のモータースポーツを守る」

次の記事

WECセブリング1000マイル、中止が決定。米国のコロナ対策入国制限に起因

WECセブリング1000マイル、中止が決定。米国のコロナ対策入国制限に起因
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Le Mans , WEC , IMSA
執筆者 Gary Watkins