コバライネン、2022年は全日本ラリー最高峰クラス&WRCラリージャパン参戦を目指す「モチベーションは高い」

2021年シーズン限りでスーパーGTでの活動を終えたヘイキ・コバライネン。2022年はラリーへの取り組みを強化し、WRC日本ラウンドに参加することを視野に入れているようだ。

コバライネン、2022年は全日本ラリー最高峰クラス&WRCラリージャパン参戦を目指す「モチベーションは高い」

 元F1ドライバーのヘイキ・コバライネンはここ数年、TEAM SARDからスーパーGTに参戦する傍ら、全日本ラリー選手権にも参戦していた。特に2021年は、トヨタGT86 R3でJN2クラスのタイトルを獲得。2022年はラリーでさらなる高みを目指しているようだ。

 コバライネンは2021年限りでスーパーGTでの活動を終了させた。したがって2022年シーズンは全日本ラリーの活動に専念することができるため、最高峰JN1クラスにステップアップすることも視野に入れている。

 さらにコバライネンは、2020年、2021年共にコロナ禍の影響で中止となったWRC(世界ラリー選手権)の日本ラウンド、ラリージャパンの2022年大会にも参加したいと考えている。

 彼はmotorsport.comに対し、次のように語った。

 

「全日本ラリー選手権は僕の最優先事項で、とてもモチベーションが高く、情熱を持って取り組んでいる」

「僕がWRCのチャンピオンになることはないだろうけど、日本戦では速さを見せられると思う。僕は日本の道をよく知っているし、勝手が分かっている」

「ラリージャパンが無事開催されてほしい。僕の知っている道で、競争力のあるクルマで世界最高峰のラリーイベントに参加できたら最高だ。特にWRC2規格のマシンで出られたら楽しいだろうね」

 2021年はJN2クラス王者となったコバライネンだが、WRC2でも活躍するR5車両などが走る最高峰クラスで戦うためには、より細かな準備や作業が必要になると認めている。

「四輪駆動の、WRC2規格のマシンに移行した場合、チームにはより多くの努力が必要になる」とコバライネンは言う。

「GT86はとてもシンプルなマシンで、エンジンをかけて走るだけだ。WRC2マシンはよりエンジニアリングが必要で、洗練されたマシンだ」

「僕とコドライバーにとっては、ペースノートをさらにレベルアップしなければならない。今年はかなり改善されたけど、ラリーの時以外はあまり練習していない。WRC2のマシンに乗るなら、もっといろんな道を走って、もっといいペースノートを作らないと危険なんだ」

「全日本ラリーの中でも、もっと“プロ”としての取り組みが必要になる。それが優先事項だ」

 コバライネンはまた、チャンスがあれば6月のル・マン24時間レースにも挑戦したいと考えているようだ。2021年はHubAutoからポルシェを駆ってル・マンデビューを果たす予定だったが、スーパーGTの鈴鹿ラウンドと日程が重なってしまったことにより、参戦を断念しなければならなかった。

 コバライネンは次のように言う。

「まだ誰とも話をしていないし、どんなチャンスがあるのか嗅ぎ回る必要がある」

「今のところ、自分のスケジュールを埋めるために積極的に動いているわけではない。でも、何か興味の湧く、モチベーションの上がるものを見つけなければならないと思う」

「スーパーGTの終盤戦を戦っていて、僕は調子が良ければまだまだ戦えるという手応えも感じた。いつかは身体が持たなくなるので、今のうちにできることをやっておきたい」

 
Read Also:
シェア
コメント
新時代のWRC、ハイブリッドの使い方がキーポイントに? エバンス「タイムに大きく影響するはず」
前の記事

新時代のWRC、ハイブリッドの使い方がキーポイントに? エバンス「タイムに大きく影響するはず」

次の記事

悲願の開催を目指すラリージャパン、セレモニアルスタートは豊田スタジアムで実施!

悲願の開催を目指すラリージャパン、セレモニアルスタートは豊田スタジアムで実施!
コメントを読み込む