日本ともつながりが深いラリー界のレジェンド、ハンヌ・ミッコラ氏亡くなる。享年78歳

フォードやトヨタ、アウディで活躍したラリー界のレジェンド、ハンヌ・ミッコラ氏が2月26日に亡くなった。

日本ともつながりが深いラリー界のレジェンド、ハンヌ・ミッコラ氏亡くなる。享年78歳

 世界ラリー選手権(WRC)通算18勝を誇るラリー界のレジェンド、ハンヌ・ミッコラ氏が、がんのため2月26日に死去した。78歳だった。ミッコラ氏の息子らが27日に明らかにした。

 フィンランド出身のミッコラ氏は、1963年に国内でラリー活動を開始。1973年からラリー競技の最高峰に位置する世界選手権としてスタートしたWRCに、フォードのワークスドライバーとして参戦した。

 1975年からはトヨタ、1978年からは再びフォードでWRCを戦っている。1981年からはWRCに革命をもたらした4輪駆動のターボマシン、アウディ・クワトロを駆り、4勝を記録した1983年にドライバーズタイトルを獲得した。

 さらに1988年からはマツダ・ラリーチーム・ヨーロッパに加わり、1991年にセミリタイアするまでマツダのWRC活動に尽力した。

 1993年にはスバルやトヨタでスポット参戦するなど、日本のメーカーともつながりが深いドライバーだった。WRC参戦前の1968年には日産フェアレディでモンテカルロラリーにも出場している。

 WRCでの通算勝利数は18勝。これは歴代10位タイの記録だ。そのうち7勝を、地元フィンランドの1000湖ラリーで挙げている。最後の勝利は、1987年のサファリラリーだ。

Read Also:

Hannu Mikkola, Arne Hertz, Audi Quattro on their way to 1000 Lakes victory in 1983, the year they clinched the championship.

Hannu Mikkola, Arne Hertz, Audi Quattro on their way to 1000 Lakes victory in 1983, the year they clinched the championship.

Photo by: Motorsport Images

シェア
コメント
ラリージャパン、11月開催に向け”キービジュアル”第一弾を公開

前の記事

ラリージャパン、11月開催に向け”キービジュアル”第一弾を公開

次の記事

WRCアークティック・ラリー:タナクが今季初優勝。トヨタのロバンペラが2位、勝田貴元6位

WRCアークティック・ラリー:タナクが今季初優勝。トヨタのロバンペラが2位、勝田貴元6位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
ドライバー Hannu Mikkola
執筆者 David Malsher