速報ニュース

ラリージャパン、11月開催に向け”キービジュアル”第一弾を公開

ラリージャパン2021開催に向けた認知度を深めるべく、キービジュアルの第一弾が発表された。

ラリージャパン2021 キービジュアル

 ラリージャパン事務局は、今年の11月に開催するWRC(世界ラリー選手権)ラリージャパン2021のキービジュアルを公開した。

 愛知・岐阜を舞台に2020年の復活を目指してきたラリージャパン。しかし新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、これが開催中止に。2021年11月の開催実現に向け、改めて準備が進められている。

 そのラリージャパンのある意味”顔”となるキービジュアルが発表された。デザインを担当したのはイラストレーターの宍戸竜二氏。様々な路面を走るラリーを、カラフルな複数の直線でイメージ。さらに秋に開催することをイメージした背景となっている。またトヨタのヤリスWRCが精緻に描かれているものの、WRCの長い歴史をイメージしたレトロな印象も併せ持つように工夫が施されている。

 ラリージャパン事務局はこのビジュアルを活かし、大会への認知を深め、開催に向けた気運を醸成することを目指すとしている。

 WRCラリージャパン2021は、11月11日(木)から14日(日)にかけ、愛知・岐阜の合計8市町を舞台に行なわれる予定となっている。

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 セナが憧れだった! ”モンテマイスター”のオジェ、記録更新の8勝目を「誇りに思う」
次の記事 日本ともつながりが深いラリー界のレジェンド、ハンヌ・ミッコラ氏亡くなる。享年78歳

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

最新ニュース

キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」

キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」
新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある

新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある

F1 F1
新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある
フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する

フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する
トヨタ8号車、不運にも泣きル・マンを5位で終える。悔しさを抑えきれないドライバーたち「終盤のアクシデントがなかったら勝てていた」

トヨタ8号車、不運にも泣きル・マンを5位で終える。悔しさを抑えきれないドライバーたち「終盤のアクシデントがなかったら勝てていた」

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
トヨタ8号車、不運にも泣きル・マンを5位で終える。悔しさを抑えきれないドライバーたち「終盤のアクシデントがなかったら勝てていた」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本