トップイベント

ラリージャパン、11月開催に向け”キービジュアル”第一弾を公開

ラリージャパン2021開催に向けた認知度を深めるべく、キービジュアルの第一弾が発表された。

ラリージャパン、11月開催に向け”キービジュアル”第一弾を公開

 ラリージャパン事務局は、今年の11月に開催するWRC(世界ラリー選手権)ラリージャパン2021のキービジュアルを公開した。

 愛知・岐阜を舞台に2020年の復活を目指してきたラリージャパン。しかし新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、これが開催中止に。2021年11月の開催実現に向け、改めて準備が進められている。

 そのラリージャパンのある意味”顔”となるキービジュアルが発表された。デザインを担当したのはイラストレーターの宍戸竜二氏。様々な路面を走るラリーを、カラフルな複数の直線でイメージ。さらに秋に開催することをイメージした背景となっている。またトヨタのヤリスWRCが精緻に描かれているものの、WRCの長い歴史をイメージしたレトロな印象も併せ持つように工夫が施されている。

 ラリージャパン事務局はこのビジュアルを活かし、大会への認知を深め、開催に向けた気運を醸成することを目指すとしている。

 WRCラリージャパン2021は、11月11日(木)から14日(日)にかけ、愛知・岐阜の合計8市町を舞台に行なわれる予定となっている。

Read Also:

シェア
コメント
セナが憧れだった! ”モンテマイスター”のオジェ、記録更新の8勝目を「誇りに思う」

前の記事

セナが憧れだった! ”モンテマイスター”のオジェ、記録更新の8勝目を「誇りに思う」

次の記事

日本ともつながりが深いラリー界のレジェンド、ハンヌ・ミッコラ氏亡くなる。享年78歳

日本ともつながりが深いラリー界のレジェンド、ハンヌ・ミッコラ氏亡くなる。享年78歳
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC