レイ、6年ぶりゼッケン65番は「サッパリとした気分」2022年に”1番”奪還を目指す

2021年のWSBKで連覇記録が途切れたジョナサン・レイ。最終戦インドネシアのレース2終了後には久しぶりにゼッケン65番となった姿を見せたが、初めてチャンピオンになったときのことを思い出したと話している。

レイ、6年ぶりゼッケン65番は「サッパリとした気分」2022年に”1番”奪還を目指す
Listen to this article

 スーパーバイク世界選手権(WSBK)の2021年シーズンは、11月19~21日に行なわれたインドネシア戦で閉幕。ヤマハのトプラク・ラズガットリオグルがレース1終了時点で初タイトル獲得を決めた。

 2015年以来、無敵のチャンピオンとして君臨してきたジョナサン・レイ(カワサキ)は、前人未到の連覇記録を”7”に伸ばすことはできなかったが、レース1とレース2を共に勝利。王者らしい走りでシーズンを締めくくった。

 レイは王座を明け渡したことで、来シーズンはゼッケンナンバー1番を使用できなくなり、2015年以来となるパーソナルナンバーの65番を使用することになる。

 そしてインドネシア戦レース2終了後のクールダウンラップでは、チームスタッフが”1”から65番にステッカーを張り替え、久しぶりに1番以外のマシンを走らせるレイの姿が見られた。

 長らく身につけていなかった65番を久しぶりにバイクにまとった感想を訊かれたレイは「正直に言って、サッパリとした気分だ」と答えた。

Jonathan Rea, Kawasaki

Jonathan Rea, Kawasaki

「タイトルを失ったあと、スタッフには『準備できていないよ。2015年の65番って誰か持ってる?』と訊いていたんだけど、無いって言っていた」

「だから彼らはそれ(65番のステッカー)を作ったんだ。どうやって作ったのかは知らないけど、作ってくれたんだ」

「この番号を見たときには、カワサキに加入したときのことを思い出した。人生が変わったと思っていたよ。(2015年は)本当に幸せでモチベーションにあふれていた時期で、初めてチャンピオンシップ優勝を果たしたんだ」

「来年のレースに向けてワクワクしている。この番号を使うのは来年限りになれば良いんだけどね。でも、これも最高のナンバーだ」

 なおレイから王座を奪ったラズガットリオグルは、これまでスーパースポーツ世界選手権で5度の王者で、彼の師匠でもあるケナン・ソフォーグルにあやかった54番を使ってきたが、2022年シーズンに1番を使う意向を示している。

「番号のことについては、ケナン・ソフォーグルと話さないといけないね」

 ラズガットリオグルはそう語る

「ヤマハがどう考えているかも分からないけど、僕は1番を使う時だと思っている」

 
Read Also:

シェア
コメント
ジョナサン・レイ、WSBK王座陥落も「悔いはない」新王者ラズガットリオグルを称賛
前の記事

ジョナサン・レイ、WSBK王座陥落も「悔いはない」新王者ラズガットリオグルを称賛

次の記事

ジョナサン・レイ「今MotoGPは黄金期」ワイルドカードでの”勝利”は二度と起こらないと指摘

ジョナサン・レイ「今MotoGPは黄金期」ワイルドカードでの”勝利”は二度と起こらないと指摘
コメントを読み込む