2021年F1デビューの角田裕毅、カーナンバーは”22”に決定

来季アルファタウリ・ホンダからF1デビューを果たすことが決まった角田裕毅は、カーナンバーを22に決めたことが分かった。

2021年F1デビューの角田裕毅、カーナンバーは”22”に決定

 2021年シーズンにアルファタウリ・ホンダのドライバーとしてF1デビューを果たすことが決まった角田裕毅は、カーナンバーを”22”に決めたことを自身のSNSで明らかにした。

 現在のF1では、それぞれのドライバーが自分のカーナンバーを選び、それを現役時代には使い続けるいわば”固有ナンバー制”を導入している。そんな中角田は、”22”を選んだことが明らかになった。

 角田がこの番号を選んだ理由についてはまだ明かされていないが、”22”は009年にジェンソン・バトンがブラウンGPでタイトルを獲得した際に使用し、その後固有ナンバー制が導入された後にも使い続けた番号だ。また佐藤琢磨がスーパーアグリに在籍していた2006〜2007年に使用した番号でもある。

 このカーナンバー決定を伝える投稿には、様々な言語でコメントがつけられており、日本のみならず世界中から注目されていることがうかがえる。

 なお先日行なわれた若手ドライバーテストに出走した際の角田は、カーナンバー”38”で走行を重ねた。

 

 

Read Also:

シェア
コメント
ペレス、ドライバーズランキング4位に満足も最終戦リタイア「信頼性が低かった」

前の記事

ペレス、ドライバーズランキング4位に満足も最終戦リタイア「信頼性が低かった」

次の記事

メルセデス、ハミルトンとの契約延長はまもなく? 示唆する投稿をSNSに発信

メルセデス、ハミルトンとの契約延長はまもなく? 示唆する投稿をSNSに発信
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー 角田 裕毅
チーム アルファタウリ・ホンダ