F1オーストラリアGP、2021年も開幕戦としての開催目指す。日程は3月14日に?

F1オーストラリアGPの主催者たちは、アルバートパークでのレースを3月に2021年シーズン開幕戦として開催することを目指しているようだ。

F1オーストラリアGP、2021年も開幕戦としての開催目指す。日程は3月14日に?

 2020年シーズンの開幕戦として予定されながらも、新型コロナウイルス感染者が出た影響により開幕直前でキャンセルとなったF1オーストラリアGP。motorsport.comによると、同GPの主催者たちは、2021年シーズンも例年通り開幕戦として開催することを目指して取り組みを続けているようだ。

Read Also:

 彼らにとっては、例年通り3月中旬、つまり2021年3月14日(日)に決勝レースを開催するというのが理想的なプランとなる。観客動員についても計画が進められているが、厳格な新型コロナウイルス対策規則に従って人数は制限され、グランドスタンドの配置も再検討されることになるだろう。

 アルバートパーク・サーキットのあるメルボルンでは現在、深刻な新型コロナウイルス第2波が襲ってきており、厳しいロックダウンが続いている。そのため、3月開催を推し進めることにリスクがないわけではない。

 しかしながら感染者数は減少してきており、クリスマスまでに正常な状態に戻ることで、テニスの全豪オープンやF1オーストラリアGPのような大規模イベントが来年早々に開催されることへの希望が見えてくる。

 グランプリ開催にあたっては海外からの入国制限も問題となってくるが、オーストラリアのスコット・モリソン首相は、感染リスクの低い場所からの入国者に関しては、ホテルでの検疫に代わる“代替手段”を検討することを示唆した。

 3月14日の開催を目指しているとされるオーストラリアGPだが、この日程は同国の人気シリーズであるスーパーカーにとっても都合が良い。ただ、アルバートパークで同じ週にF1とスーパーカーを開催する場合には、放送に関する問題を解決する必要があるだろう。オーストラリアGPは伝統的に、『Network Ten』によって無料放送されているが、一方のスーパーカーは有料放送の『Fox Sports』、そして『Seven Network』と大型契約を結んだばかりだ。

 

Read Also:

シェア
コメント
アルボン、ソチ苦戦の理由はサーキットのレイアウトにあり?

前の記事

アルボン、ソチ苦戦の理由はサーキットのレイアウトにあり?

次の記事

「まだタイヤを交換したくない」ハミルトンの要望を、メルセデスが遮った理由

「まだタイヤを交換したくない」ハミルトンの要望を、メルセデスが遮った理由
コメントを読み込む