F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days

ウイリアムズの復活は、新オーナーの”お財布”次第?「復活できないわけはない」とマクラーレンCEO

マクラーレンのザク・ブラウンCEOは、ウイリアムズの運命を好転させるためには、新オーナーが資金を投入する必要があると語った。

ウイリアムズの復活は、新オーナーの”お財布”次第?「復活できないわけはない」とマクラーレンCEO

 ウイリアムズF1チームにとって、2020年は節目の年となった。5月にチームの売却を検討していることが明かされた後、8月にアメリカの投資ファンド『ドリルトン・キャピタル』がチームを買収。ウイリアムズ家はチームの運営から離れることになったのだ。

 1980年代から90年代にかけて大成功を収めた名門チームであるウイリアムズだが、直近3年でコンストラクターズランキング最下位になるなど成績が低迷。財政危機に直面していたが、この買収により財政を安定させることができた。

Read Also:

 ウイリアムズは新オーナーの下、これから復活を目指していくことになるが、ウイリアムズと同じように低迷し、そして復活を遂げつつある名門チームがある。それがマクラーレンだ。

 マクラーレンは2015年と2017年にコンストラクターズランキング9位になるなど低迷したが、その後トラック内外で改善に取り組んでおり、2020年はコンストラクターズランキング3位を獲得。これは2012年以来最高の成績だ。さらに、最終戦の前にはチームの株を一部売却し、1億8500万ポンド(約192億円)の現金注入を受けることを発表、さらなる飛躍を目指している。

 マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンに、ウイリアムズがマクラーレンのような再建を成し遂げることが出来ると思うかと訊くと、彼はそのためには新オーナーによる資金注入が必要だと述べた。

「彼ら(ウイリアムズ)は素晴らしいレーシングチームだ」

「だが彼らには多くの投資、新しい投資家が必要になるだろう。彼らはチャンピオンシップで10位となったため収益の面で遅れをとっており、スポンサーもあまりいないようだ」

「彼らには人材もノウハウも、スキルも揃っている。彼らに欠けているのはリソースだけなんだ」

「時間はかかるだろうが、彼らは今年大きな一歩を踏み出したと思う。彼らは(2020年シーズンに)ポイントを獲得できていないが、何度か得点できるポジションにいたことは確かだ」

「彼らが復活できない理由はないが、チームへの投資が続けられる必要がある。なぜなら私の目から見て、彼らは我々と同じレベルの収益がないように見えるからだ」

「みんな分かっているように、速く走るにはお金が必要だ。だから彼らは”小切手帳”をずっと出しておく必要がある」

 ウイリアムズは先日、マクラーレンCEOも経験したヨースト・カピトがチーム代表に就くことを発表した。ジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィのドライバーラインアップも継続。特にラティフィがもたらす多額のスポンサーシップはチームの運営を助けている。

Read Also:

シェア
コメント
ベッテル、ミック・シューマッハーの”サポート”約束も「自分の道を探す必要がある」

前の記事

ベッテル、ミック・シューマッハーの”サポート”約束も「自分の道を探す必要がある」

次の記事

元フェラーリ監督トッド、ハミルトンの強さ認める「支配力はシューマッハーより上」

元フェラーリ監督トッド、ハミルトンの強さ認める「支配力はシューマッハーより上」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ウイリアムズ
執筆者 Luke Smith