ウイリアムズCEO、オーストリアで入賞を逃したことに”がっかり”できたことに「満足している」

ウイリアムズのCEOであるヨースト・カピトは、先日行なわれたF1オーストリアGPで今季初入賞を逃し、チームががっかりしたことについて”満足”していると語った。

ウイリアムズCEO、オーストリアで入賞を逃したことに”がっかり”できたことに「満足している」

 先日行なわれたオーストリアGPは、ウイリアムズにとって今季最大のチャンスが回ってきた。

 ウイリアムズは、2019年のドイツGPを最後に、長いこと入賞から遠ざかっている。しかしオーストリアGPではジョージ・ラッセルが予選Q3に進出し、レース中もトップ10圏内を走行。入賞は間違いないかと思われた。

 しかし予選で他車に妨害されたことで下位グリッドからのスタートとなっていたアルピーヌのフェルナンド・アロンソが迫り、レース終盤にオーバーテイク。これでラッセルは、11位でのフィニッシュとなった。

 11位0ポイントに終わったことについて、当然チームは満足していない。しかしそのことは、逆にチーム内部での期待感が高まっていることを意味しており、そのことは非常にポジティブなことだったと、チームCEOのヨースト・カピトは語る。

「とてもがっかりしたと言っておこう。でも、チームの全員ががっかりしていたということについては、嬉しく思っている部分もある。4週間前なら、11位でフィニッシュすれば誰もが歓喜していただろうからね」

「フランスでの12位は素晴らしいことだった。でも、今回は11位でがっかりしている。それはチーム内の”炎”と、チームが今持っている”熱意”を示している」

「それは、彼らがもっと良い結果を欲しがっているということを示しており、ポイントを手にできない結果に満足していない。前進し、そのためにさらに懸命に努力するということは、非常に重要だと思う」

 カピトCEO曰く、オーストリアGPで見せたパフォーマンスは、1回限りのモノではないと考えており、そのことに非常に勇気づけられているという。実際、フランスGP〜シュタイアーマルクGP〜オーストリアGPの3連戦では、ラッセルはいずれも入賞圏内を争った。

「フランスGPは素晴らしいレースだったり、今回も素晴らしいレースだった。そして先週(シュタイアーマルクGP)もそうだった」

 そうカピトCEOは語った。

「3連戦の前に、こんなことを達成できると話していたら、誰もが完全に”狂っているね”と言ったことだろう。それはありえないとね。でも今の我々は、この結果にすら失望している。それは、我々チームが進んでいる方向性を示していると思う」

 最近のパフォーマンスには満足しているカピトCEOだが、イギリスGPは難しい戦いになるかもしれないと考えている。

 カピトCEOが懸念するのは、サーキットのレイアウトだけではなく、強い風である。ウイリアムズのマシンは風に敏感であると言われていて、シルバーストンではその風によって、パフォーマンスを失う可能性があるのだ。

「気象条件に大きく左右されることになる」

 そうカピトCEOは語る。

「我々のマシンは、風が強い状況では苦しむことがある。そしてシルバーストンは、風が非常に強くなる可能性があるということは、多くの方がご存知のことだろう」

「風が強く吹けば、苦労するかもしれない。でも逆に、風がそれほど強くなければ、オーストリアでのパフォーマンスに近付くチャンスがあるかもしれない」

 

Read Also:

シェア
コメント
メルセデスF1、今季の苦戦は将来強くなるための”糧”になる? ウルフ代表「振り返れば、必要な日々だったと思えるはず」

前の記事

メルセデスF1、今季の苦戦は将来強くなるための”糧”になる? ウルフ代表「振り返れば、必要な日々だったと思えるはず」

次の記事

F1レースディレクター、初のスプリント予選実施を前に”不測の事態”に備える「ルール調整の可能性もある」

F1レースディレクター、初のスプリント予選実施を前に”不測の事態”に備える「ルール調整の可能性もある」
コメントを読み込む