【速報】2021年からアストンマーチンF1誕生。レーシングポイントが名称変更へ

レーシングポイントF1チームが、2021年シーズンからアストンマーチンF1チームになることが確定した。

【速報】2021年からアストンマーチンF1誕生。レーシングポイントが名称変更へ

 フォースインディアの後を事実上引き継ぐ形で、F1に参戦しているレーシングポイント。同チームのオーナーであるカナダの実業家ローレンス・ストロールが、アストンマーチン社の株式16.7%を取得したことを受け、レーシングポイントの名称が2021年からアストンマーチンに変更されることになった。

 このため、アストンマーチン社とレッドブルF1とのタイトルスポンサー契約は、今シーズン限りで終了することになる。ただ、レッドブルとアストンマーチンが共同で開発しているハイパーカー”ヴァルキリー”のプロジェクトは、今後も継続されることになるという。

 レーシングポイントは、メルセデスとのカスタマーパワーユニット供給契約を長期的に結んでいる。そのため、今回ストロールがアストンマーチン社の株式を取得したことにより、ふたつの自動車ブランドの関係性がより緊密になることも考えられる。

Read Also:

シェア
コメント
レーシングポイント共同オーナーのストロール父、アストンマーチンの大株主に?

前の記事

レーシングポイント共同オーナーのストロール父、アストンマーチンの大株主に?

次の記事

ウイリアムズ、新車FW43の発表日決定。”デジタル・ローンチ”を開催

ウイリアムズ、新車FW43の発表日決定。”デジタル・ローンチ”を開催
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1