F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

優勝も夢ではなかった。ホンダ田辺TD「好結果を拾える時に、確実に拾うのが重要」

シェア
コメント
優勝も夢ではなかった。ホンダ田辺TD「好結果を拾える時に、確実に拾うのが重要」
執筆:

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、F1第4戦イギリスGPを振り返り、メルセデスとはまだ差があるものの、同地で次週に行なわれるF1 70周年記念GPに向け、その差を縮めることができるよう準備すると語った。

 F1イギリスGPの決勝レースで、ホンダ製パワーユニット搭載マシンは、4台中3台が入賞を手にすることになった。

Read Also:

「メルセデスの2台に大きく離され、そして3台がQ2落ちするという予選結果を受け、4台がきちんと走ってポジションを上げることが目標でした。結果的に(ダニール)クビアトは残念でしたが、残りの3台はポジションを上げてレースを終えることができました」

 オンラインでの記者会見に臨んだ、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクター(TD)は、そう語った。

 予選では、メルセデスの速さばかりが目立った。3番手だったマックス・フェルスタッペンでさえ、ポールポジションを獲得したルイス・ハミルトンからは、1秒以上の遅れ。その差は大きかった。しかしレースでは、この差は縮まったように見えた。

「予選では、メルセデスとの間に1秒の差がありました。でも長いレースで見た際には、まだ差は大きいとはいえ、それなりのペースでは走ることができました」

 そう田辺TDは語った。

「最後に、メルセデスの2台はパンクチャーに見舞われました。彼らもタイヤが限界に近づいているのは分かっていたでしょうし、そんな中でマックスは、プレッシャーをかけつつ走ることができた。でもまだ絶対値としては差があります。今後は、マシンの仕上がり、パワーユニットのマネジメントの最適化を進め、また来週ここ(シルバーストン)に戻ってきたいと思います」

「1週間でジャンプアップするのは簡単ではありません。でも出来る限りのことをして、メルセデスとの差を詰めるべく、準備を進めていきたいと思います」

 なおフェルスタッペンは、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がパンクに見舞われたことを受け、ファステストラップ獲得を狙うべくピットインした。しかしその後、首位を走っていたルイス・ハミルトン(メルセデス)もパンク……もしフェルスタッペンがピットインせず走り続けていれば、勝利の可能性も高かった。そうなった場合でも素直に喜ぶことができたか? そう尋ねられた田辺TDは、次のように語った。

「予選で差があり、レースペースでも明らかに負けているという中で、結果を残すのは大事なことです。年間通してみても、モチベーションという意味でも、ひとつひとつ、落とさずに獲る。落ちてきたのなら、確実に拾う必要があります。そういう意味では、喜ぶことができると思います」

「でも、真の実力という意味で喜べたかと言うと、また話は別です。落ちてくるまで待たねばいけないというのは、まったく喜べない状況ですね」

Read Also:

ハミルトン、衝撃的な“3輪チェッカー”の一部始終を語る「心臓が止まるかと思った!」

前の記事

ハミルトン、衝撃的な“3輪チェッカー”の一部始終を語る「心臓が止まるかと思った!」

次の記事

F1イギリスGPの劇的最終ラップ。フェルスタッペン「幸運だし、不運だったね」

F1イギリスGPの劇的最終ラップ。フェルスタッペン「幸運だし、不運だったね」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イギリスGP
サブイベント Race
チーム レッドブル・ホンダ , アルファタウリ・ホンダ
執筆者 田中 健一