フェルスタッペン初の母国レースでPP獲得「最高の気分……明日は簡単なレースにはならないだろうけどね」

F1オランダGPの予選では、初の母国レースを迎えたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得した。

フェルスタッペン初の母国レースでPP獲得「最高の気分……明日は簡単なレースにはならないだろうけどね」

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、F1オランダGPでポールポジションを獲得した。最大のライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデス)には0.038秒差まで迫られたものの、自身初の母国GPの予選を最速で駆け抜けた。

 フェルスタッペンは予選Q1では1アタックしか行なわなかったことにより、フェラーリ勢2台に先行を許す3番手。しかし続くQ2では最速タイムを記録すると、Q3でもそのポジションを明け渡すことなく、ポールポジションを手にした。

 フェルスタッペンのポールポジションが決まると、サーキットに詰めかけた観客は大興奮。ザントフールトは歓喜に包まれた。

「ここでポールポジションを獲得することができ、素晴らしい気分だ」

 フェルスタッペンは予選後のインタビューでそう語った。

「観客の皆さんは信じられないほどで、今日はとても楽しむことができた。マシンも、そしてこのサーキットも、ドライブするのは素晴らしいモノだった」

「予選では、ひと度燃料が入れば、本当に素晴らしかった」

 ザントフールト・サーキットは、コース幅が狭い上に急減速するコーナーが少ないため、オーバーテイクが難しいのではないかと言われている。これについてフェルスタッペンは、次のように語った。

「もちろん、ポールは最高のスタートポジションだ」

 フェルスタッペンはそう語る。

「オーバーテイクするのは難しいと思う。だから簡単なレースになるとは思わない。たくさんの周回をこなさなければいけないしね」

「高速セクションでは、タイヤも苦しいだろう。でも、今日の結果がよかったから、もちろん明日も良い結果で終わりたいと思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
角田裕毅「Q3進出の可能性もあったが……内容には満足」赤旗影響しQ2敗退も、着実な進歩に手応え

前の記事

角田裕毅「Q3進出の可能性もあったが……内容には満足」赤旗影響しQ2敗退も、着実な進歩に手応え

次の記事

ペレス、4基目PU投入でオランダGPは最後尾スタート? 予選16番手に“失うもの”少ないと判断か

ペレス、4基目PU投入でオランダGPは最後尾スタート? 予選16番手に“失うもの”少ないと判断か
コメントを読み込む