「まるで犬ぞり滑走」ガスリー、新設バンクコーナーを満喫! 予選に向けたパフォーマンス向上にも自信

F1オランダGP初日走行を終えたアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、望んでいたほどの状態にはなっていないものの、パフォーマンスを上げていく自信はあるとして、予選に向けても前向きな姿勢を見せた。

「まるで犬ぞり滑走」ガスリー、新設バンクコーナーを満喫! 予選に向けたパフォーマンス向上にも自信

 ザントフールト・サーキットで開催されているF1オランダGP。その初日走行を終えたアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、2日目に向けてパフォーマンスを上げていく自信があると語った。

Read Also:

 初日のフリー走行はFP1とFP2、どちらのセッションでも赤旗中断が発生。コース改修後初走行という状況のため、各チームにとっては痛い展開となってしまった。

 チームメイトの角田裕毅にはパワーユニットのトラブルが発生していたが、ガスリーはノートラブルでセッションを進行。FP1では10番手タイム、FP2では7番手タイムを記録して初日を終えた。

 チームのリリースでガスリーは「今日は本当に楽しい1日だった」とコメント。改修されて大きくバンクのついたコーナーなど、コースは素晴らしいものだったと語っている。

 また、予定していたプログラムを実施することは難しかったものの、2日目に向けてパフォーマンスを上げて行く自信はあると語った。

「コースは素晴らしく、とてもユニークで、特にターン3はバンクによってまるで犬ぞりで滑走しているようだった」

「セッションは赤旗による中断が多かったから、プログラムをすべて消化するのは難しかったが、大体のことはできている」

「まだ望んでいたほどの状態にはなっていないと思うので、明日に向けてもう少しパフォーマンスを上げられるように、今晩取り組んでいくし、達成できる自信はある」

「明日はQ1でのトラフィックが課題になるはずで、上手く混乱を避けられるように臨む必要がある。レースに向けては、オーバーテイクが非常に難しいと思うから、いいスタート位置を手にすることが重要だ」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
フェルスタッペン「初日タイムは真のポテンシャルを示していない」ライバルの後塵拝するも心配せず
前の記事

フェルスタッペン「初日タイムは真のポテンシャルを示していない」ライバルの後塵拝するも心配せず

次の記事

アレクサンダー・アルボン、来季F1復帰か? アルファロメオ&ウイリアムズが関心アリとレッドブル代表認める

アレクサンダー・アルボン、来季F1復帰か? アルファロメオ&ウイリアムズが関心アリとレッドブル代表認める
コメントを読み込む