フェルスタッペンとホンダにタイトルを……レッドブル&アルファタウリの”チームワーク”が勝利を呼んだ?

レッドブルのマックス・フェルスタッペンが2021年のF1王者に輝き、F1活動最終年のホンダが有終の美を飾った。これについてホンダの首脳陣は、チームワークが実を結んだ結果だと語った。

フェルスタッペンとホンダにタイトルを……レッドブル&アルファタウリの”チームワーク”が勝利を呼んだ?

 2021年のF1王者に輝いたのは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンだった。最終ラップの大逆転……それには、チームメイトのセルジオ・ペレスの献身的なサポートが大いに役立ったと言えるだろう。

 そのペレスは最終盤3番手を走っていたが、セーフティカー走行中にピットに戻り、リタイア。ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターによれば、ペレスのパワーユニット(PU)には異常が見られたため、リタイアせざるを得なかったという。

 フェルスタッペンは最終戦アブダビGPのレース中、終始苦労を強いられ、タイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデス)に差をつけられる一方のレース展開となった。

 フェルスタッペンは早々にスタート時に履いていたソフトタイヤを諦め、ハードタイヤに交換。ハミルトンもこれに合わせてハードタイヤに履き替え、その差は7秒、8秒と開いていった。

 しかしハミルトンの前には、ソフトタイヤを履いて走り続けているペレスがいた。その当時のタイヤのパフォーマンス差は明らかであり、簡単に抜かれてしまうと誰もが思った。しかし、ペレスが鉄壁のディフェンスを見せ、ハミルトンを抑え込む。この間にフェルスタッペンはハミルトンとの差を一気に詰め、一時1秒強というところまで近づくこととなった。

 ペレスのディフェンスは、ある意味不可能とも言えるもの。それを実現し、チームメイトの王座獲得を後押ししようとしたのだ。これによって最終ラップのドラマを生んだとも言えるかもしれない。

 しかしそのペレスは、PUにトラブルが出てしまい、リタイアすることになった。ホンダの田辺テクニカルディレクターは、次のように語っている。

「4台完走4台入賞、そしてチャンピオン獲得を目指しましたが、残念ながらペレス選手のPUには異常が見られ、最後の最後でリタイアしなければいけませんでした」

 ペレスはリタイアすることを無線で聞かされた当時「本当に?」と聞き返していたが、後にチームから状況を聞かされた様子。もし万が一コース上でストップし、フェルスタッペンがハミルトンを攻略するチャンスを摘まないためにも、リタイアすることになったと説明する。

「その時は知らなかったんだけど、エンジンは限界を迎えていた」

「トラブルが起きて、マックスが1周でも走るチャンスを失ってしまうことは何としても避けたかった。エンジンは限界だったけど、ブローする訳にはいかなかったんだ」

 ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターは、ペレスの献身に感謝しつつも、フィニッシュさせられなかったことについて謝罪した。

「ペレスとハミルトンのバトルには感動しました。最後まで望みを繋いだのは、ペレスの走りがあったからだと思います。そういう意味では、彼にありがとうと言いたいです」

 そう山本マネージングディレクターは語る。

「彼のおかげで、フェルスタッペンがチャンピオンを獲ることができたと思います。ただあのディフェンスのおかげで、PUに異常が出てしまいました。ありがとうと同時にごめんなさいと、先ほど彼とも話をしました」

 山本マネージングディレクター曰く、レッドブルのみならず、アルファタウリも一緒になって、なんとかフェルスタッペン、そしてホンダにチャンピオンを取らせたいとシーズンを戦ってきたという。

「レッドブルとアルファタウリは、すごく良いチームなんです。皆んながフェルスタッペンをチャンピオンにしようと、連動していた。それを僕らとしてもすごく感じます。ホンダ、レッドブル、アルファタウリの3つがひとつになって、今シーズンは戦えたかなと思います」

 田辺テクニカルディレクターも、このチームワークに感銘を受けたようだ。

「今回は本当にチームワークを感じました。ホンダの中でも、そしてレッドブルもアルファタウリも、ホンダが最後なら、目一杯頑張ろうよと、そういう気持ちを感じることができました」

「そしてレース中には、フェルスタッペン選手をチャンピオンにするため、チームワークを発揮できているのも感じました」

「お互いが分かり合って、ドライバーたちとも、最高の結果を残すためには何をすればいいんだというところが全て噛み合って、今日の結果に結びついたんじゃないかと思います」

 
Read Also:

シェア
コメント
セーフティカーをめぐる、”奇妙な指示”に周回遅れのドライバーたちも困惑。ベッテル「判断が遅すぎた」
前の記事

セーフティカーをめぐる、”奇妙な指示”に周回遅れのドライバーたちも困惑。ベッテル「判断が遅すぎた」

次の記事

ラッセル、タイトル争い劇的決着もたらした判断に「受け入れがたいモノ」と怒気。来季は惜敗ハミルトンの僚友に

ラッセル、タイトル争い劇的決着もたらした判断に「受け入れがたいモノ」と怒気。来季は惜敗ハミルトンの僚友に
コメントを読み込む