ボッタス、新天地アルファロメオでも来季マシンのシミュレーター作業開始……メルセデスとの比較も「劇的には変わってない」

アルファロメオへ移籍したバルテリ・ボッタスは、2022年シーズンはテクニカルレギュレーションが大きく変わるものの、マシン自体が根本的に変わってしまうことはないと考えている。

ボッタス、新天地アルファロメオでも来季マシンのシミュレーター作業開始……メルセデスとの比較も「劇的には変わってない」

 メルセデスからアルファロメオへ移籍したバルテリ・ボッタスは、2022年マシンが従来型と根本的に変わってしまうことはないと考えている。

 F1は、ドライバー同士の接近戦を増やしレースとしての“質”を向上させることを目指し2022年から新たなテクニカルレギュレーションを導入。F1チームは現在、来季のグラウンドエフェクトカーの開発に勤しんでいる。

 既にシミュレーターを通じて新型マシンを試したドライバーの多くは、従来型マシンとは限界点が異なるため、今までとは対照的なアプローチが必要とされると語ってきた。

 しかし、メルセデスとアルファロメオ双方のシミュレーターで来季用マシンに乗ったボッタスは、現行型と全く異なるモノにはならないと考えているようだ。

 シーズン前半でのメルセデス、ここ数ヵ月のアルファロメオでのシミュレーター作業を比較しながらボッタスはこう語った。

「少なくとも現時点では、ダウンフォースの面ではマシンは少し劣っているように感じられる」

「でも全体的な感触としては、少なくともどちらのシミュレーターでもそれほど違いはなかった。他のマシンについて行くとか、そういったシミュレーションはできないけど、根本的に違うといったことはない。まだダウンフォースは少ないかもしれないが、さっき言ったように、その点は改善されていくだろうね」

 ボッタスのこうしたコメントとは対照的に、マクラーレンのランド・ノリスはFIA F2のマシンとよく似た感覚でドライブをすることになると新型マシンのシミュレーター作業を評価していた。

Valtteri Bottas, Mercedes W12

Valtteri Bottas, Mercedes W12

Photo by: Erik Junius

「間違いなく、(従来型マシンとは)少し違うスタイルになるだろう」とmotorsport.comの取材に対し、ノリスは答えた。

「運転しやすいマシンとは言えないね。プッシュした時の限界点という意味では、よりそう感じるんだ。他のマシンとの戦いなど、ある意味でF2に似ているんだ」

「でも物事は常に変化しているし、間違っているのは僕かもしれない。1ヵ月前に乗っていたマシンと、現時点でのマシンは全く別物になっているだろうし、開幕戦の頃にはまた大きく変わっているかもしれない」

 またボッタスは、ここ数シーズンに渡り驚異的なタイムを叩き出し続けてきた従来型のハイダウンフォースマシンにF1が別れを告げるのを少し寂しく感じると語った。

「特に去年(2020年)は楽しかったね。マシンは今年のマシンよりもダウンフォースがあって速かったからね」とボッタスは言う。

「アレも良かったけど、来年には新しいマシンがどうなるかをお見せできるだろう。レース自体が改善して、もっと接近戦ができるようになったら、さらに楽しくなるだろうね。将来的にはこのマシンも今と同じくらい速くなると思うしね」

 
 
Read Also:

シェア
コメント
F1ドライバー間で流行ってるモノってな〜んだ?「僕らはチェスにかなり夢中で、もう止まらない」とルクレール語る
前の記事

F1ドライバー間で流行ってるモノってな〜んだ?「僕らはチェスにかなり夢中で、もう止まらない」とルクレール語る

次の記事

NHK BS1のスペシャル番組『30年ぶりの栄冠! ホンダF1 最後の戦い』が1月2日20時よりオンエア

NHK BS1のスペシャル番組『30年ぶりの栄冠! ホンダF1 最後の戦い』が1月2日20時よりオンエア
コメントを読み込む