F1 ハンガリーGP

角田裕毅、好調フランスから一転「マシンパフォーマンスが大きく後退した。改善が必要」

アルファタウリの角田裕毅は、F1第13戦ハンガリーGP初日の走行では上位につくことができなかった。アップデート投入から間もないが、角田はパフォーマンスが好調だったフランスGPから後退していると感じているようだ。

Yuki Tsunoda, AlphaTauri AT03

 ハンガロリンクで開催中のF1第13戦ハンガリーGP。角田裕毅(アルファタウリ)はFP1を14番手、FP2を19番手で終えた。

 アルファタウリは前戦フランスGPで今シーズン初めての大型アップデートを投入した。その効果はドライバー達からも確認され、角田は予選8番手と上位を獲得していた。

 決勝では角田は接触があり、アップデートの結果を確認できずにリタイアに終わってしまった。そのため今回のハンガリーGPは改めてアップデートの効果に対する理解を深める機会となっていた。

 そして初日の走行を終えた角田は、前戦からパフォーマンスで”後退”したように感じると話すなど、マシンのバランスで苦慮している状況を明かした。彼は2日目の走行に向け、問題を突き止めて改善したいと語っている。

「今日は、クルマのパフォーマンスがとても良かったフランスから、かなり後退したように感じられました」

 角田はチームのプレスリリースにそうコメントした。

「ここハンガリーでは、マシンバランスが理想的ではなく、かなり苦しんでしまっています。ですから今夜はエンジニアと一緒に、何が問題なのかを見つけ、明日に向けて改善できるようにしなければなりません」

「予選では雨も降りそうですが、どうなるかはまだ分かりません。今夜何を学べるか、FP3でどれだけペースを改善できるかにかかっていると思います」

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 フェルスタッペン、早くも苦戦認める「ドライなら、フェラーリ勢に太刀打ちできない」
次の記事 F1メカ解説|アストンマーチン、グレーゾーン攻めた”奇抜リヤウイング”導入! 消えたはずのエンドプレート復活

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本