F1、レース開催は全チーム参加が条件。コロナで参加不可なら、非選手権イベントに?

F1マネージングディレクターのロス・ブラウンは、コロナウイルスの影響でいずれかのチームが参戦できないような場合、レースを開催しないと語った。

F1、レース開催は全チーム参加が条件。コロナで参加不可なら、非選手権イベントに?

 F1の2020年シーズンは3月15日に決勝レースが行なわれるオーストラリアGPで幕を開ける予定だが、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、シーズン最初の3レースの開催に影響が及ぶ可能性が生じている。

 第4戦に予定していた中国GPの開催延期は2月に決定されているが、開幕戦オーストラリアGPを含むその他のレースは通常通り開催する方向で準備が進められている。

 しかしヨーロッパでは特にイタリアでの感染者数が多く、一部の国ではイタリアからの入国を拒否している状態だ。イタリアに本拠地を置くフェラーリやアルファタウリのスタッフが移動する際にも、悪影響が出かねない。

 F1の競技面を統括するマネージングディレクターのロス・ブラウンは、参戦できないチームが出た場合、レースを進めることはないと明言した。

「もしあるチームが入国を拒否された場合、我々はレースをすることができない。不公平だから、それはF1世界選手権ではないんだ」

「言うまでもないが、チームが独自の判断でレースに出なかった場合、それはあくまで彼らの判断だ。だが、国の決定でチームがレースに向かうのを妨げられた場合、フェアにレースをすることは難しい」

 もし全チームが揃わなかった場合、可能性として考えられるプランのひとつは、レース自体は開催するものの非チャンピオンシップイベントとし、ポイント獲得の対象外とすることだ。

 ブラウンは開幕からの数レースを確実に開催できるよう、懸命に取り組んでいるものの、状況は複雑だと認めた。

「非常に深刻な状況なので、それを過小評価したくはない。だが、我々はレースをしようとしている。責任ある方法でやらなければならない」

「パドックにいる人数を最小限に抑えている。チームには、レースに必要な最小限のスタッフを送るよう求めている」

 

Read Also:

シェア
コメント
F1オーストラリアGPのタイヤ選択発表。メルセデスが最大数のソフト持ち込み

前の記事

F1オーストラリアGPのタイヤ選択発表。メルセデスが最大数のソフト持ち込み

次の記事

ベッテル、メルセデスから”余裕”を感じる「今の時点ではメルセデスがトップ」

ベッテル、メルセデスから”余裕”を感じる「今の時点ではメルセデスがトップ」
コメントを読み込む