F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
1 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
15 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
21 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
35 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
49 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
56 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
70 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
77 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
91 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
105 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
133 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
140 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
147 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
161 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
168 days
07 10月
次のセッションまで……
175 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
189 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
196 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
204 days
03 12月
次のセッションまで……
232 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
241 days

2021年マシンは、2020年よりも間違いなく遅くなる? メルセデス代表が示唆

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、ダウンフォースの発生量が削減される2021年シーズンは、2020年よりも速いマシンを各チームが生み出す可能性はないと考えている。

2021年マシンは、2020年よりも間違いなく遅くなる? メルセデス代表が示唆

 年々速さを増していくF1。特にここ数年は、レギュレーションに大きな変更がないため、速さは増す一方。事実、2020年シーズンにも多くのサーキットでコースレコードが更新された。

Read Also:

 このような状況下では、タイヤにかかる負荷も増大。そのため2021年シーズンのマシンはコーナリングスピードを低下させるべく、ダウンフォース削減のために、ルール上多くの変更が加えられることになっている。

 ディフューザーやブレーキダクトにも微調整が加えられるが、中でも最大の変更は、リヤタイヤ前方のフロアを斜めに切り欠き、フロアの表面積が削減されることだ。

 各チームは、この変更に伴って失われるダウンフォースの一部を取り戻そうとしているが、メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、2021年のマシンが2020年のマシンよりも速くなることはないと語る。

「私は、来年のマシンが速くなるとは思わない」

 そうウルフ代表は語った。

「タイヤ周辺のフロアがかなり切り取られている。だから、(2020年のレベルに)追いつくにはしばらく時間がかかるだろう」

「我々はまだ、来年に向けた開発の真っ最中だ。しかし、今年のレベルにすぐ到達できるとは思わない。そしてタイヤが硬くなることもあるので、今年のラップタイムに近付くことはないと思う。少なくとも、シーズン前半はそういう状態になるだろう」

 ピレリは、マシンの速さが高まるのに応じ、2021年シーズンに投入するタイヤを構造から変更している。

 この新タイヤの構造とコンパウンドは、過去2年間で使われてきたモノよりもマシンを遅くさせる予定だ。ウイリアムズのビークル・パフォーマンス責任者であるデイブ・ロブソンは、新タイヤで約1秒ほどラップタイムが落ちると言い、その全てを取り戻すのは難しいと語る。

「全く取り戻すことができないと思っているわけじゃない」

 そうロブソンは語る。

「我々がそれを理解し、データと空力面との相互関係を適切に見れば、その新タイヤに対処することができ、いくらかでもラップタイムを取り戻すことができると確信している」

「1秒遅くなるとは思わないけど、全てを取り戻すこともできないと考えている。タイヤに関しては、本当に遅くなると思う。でもそれがより強固であり、耐久性があるのであれば、理不尽だと言うほどではないだろう」

Read Also:

シェア
コメント
メルセデスは、シーズン後のテストを活用するため、アブダビGPを犠牲にした?

前の記事

メルセデスは、シーズン後のテストを活用するため、アブダビGPを犠牲にした?

次の記事

レッドブル、コロナ禍でアルボンを”貸し出す”可能性認める「彼はまだ終わったわけじゃない」

レッドブル、コロナ禍でアルボンを”貸し出す”可能性認める「彼はまだ終わったわけじゃない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス
執筆者 Jonathan Noble