ホンダやレッドブル・フォードも……FIA、F1の次世代PUサプライヤーに登録したメーカー6社を発表

FIAは2月3日、2026年からF1に導入される次世代PUのサプライヤーに登録したメーカー6社を発表した。

Honda logo on Red Bull Racing RB18

 FIAは、2026年から2030年にF1で使用される次世代パワーユニットのサプライヤーに登録した6社を発表した。

 その6社は以下の通りだ。

  • アルピーヌ・レーシング
  • アウディ
  • フェラーリ
  • ホンダ・レーシング・コーポレーション(HRC)
  • メルセデスAMG・ハイパフォーマンス・パワートレインズ
  • レッドブル・フォード

 この6社は、昨年8月にFIAフォーミュラ1委員会と世界モータースポーツ評議会によって承認された技術レギュレーションに基づいたPUを開発し、2026-2030年シーズンのF1にPUサプライヤーとして参戦することが可能となる。

 この次世代PUは、現行PUと同等の性能を確保しながら高出力・高回転のV6エンジンを使用。排気ガスの力を利用して発電していたMGU-H(熱エネルギー回生)を廃止する一方で、電気的な出力の割合を50%近くまで高め、100%持続可能な燃料を使用する。

 今回の発表は、フォードのF1復帰とレッドブルとの提携が明らかとなった直後に発表されたものだ。両者はレッドブル・フォード・パワートレインズとして、2026年からレッドブルとアルファタウリにPUを供給することになる。

 FIA会長のモハメド・ベン・スレイエムは次のようにコメントしている。

「2026年からPUメーカー6社がF1に参戦することが確定したことは、FIAがF1やPUメーカーと緊密に連携して作成した強固な技術レギュレーションと、チャンピオンシップとしてのF1の強さを証明するものだ」

「PUは技術革新の最前線にあり、壮大なレースを維持しながら、F1の未来をより持続可能なものにしている。F1へのコミットメントによって示された、世界をリードする自動車メーカーの信頼に感謝する」

 気になるのが、ホンダの動きだ。ホンダは2021年にF1活動を終了した後もHRCとして、レッドブルとアルファタウリの2チームへPUを製造・供給してきた。しかしレッドブルとフォードが組んだことにより、現時点で2026年以降のPUサプライヤーを探している既存チームはいないということになる。

 HRCの渡辺康治社長は以前、この登録が「参戦復帰に即座に繋がるわけではない」とmotorsport.comに語っており、メーカー登録をしたのはカーボンニュートラル化を目指す上で研究対象としてレギュレーションを確認することが主目的にあると説明している。しかしスレイエム会長は「6社がF1に参戦」と今回語っているのだ。

 なおFIAは、新チームのF1参戦に向けた申請プロセスを開始しており、最大で12チームまでグリッドが拡大する道が開かれた。新規チームの参戦が認められた場合や、PUの変更を希望する既存チームが現れた場合には、ホンダのPUを求める可能性も十分にあるだろう。

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 フォード、レッドブル・パワートレインズとがっちりタッグ。2026年からアルファタウリにもPU供給
次の記事 契約交渉は”簡単”だった? レッドブルF1代表、フォードとのPU提携はWin-Win「EVの知識やリソースを活用できる」

Top Comments

最新ニュース

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

F1 F1
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

F1 F1
ハンガリーGP
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

SF スーパーフォーミュラ
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1 F1
ハンガリーGP
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本