ハミルトン、ペースは問題外と”白旗”「フェルスタッペンは楽勝なはず。ダメージを抑えないと……」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1第9戦オーストリアGPでポールポジションを獲得したマックス・フェルスタッペンが“楽々”優勝することになりそうだと予想している。

ハミルトン、ペースは問題外と”白旗”「フェルスタッペンは楽勝なはず。ダメージを抑えないと……」

 F1第9戦オーストリアGPでは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがポールポジション獲得。その一方で、彼とタイトルを争うメルセデスのルイス・ハミルトンは4番手と苦戦してしまった。

Read Also:

 ハミルトンはここ5レース勝利から遠ざかっており、ランキングでもフェルスタッペンに18ポイント差をつけられてしまっている。

 1週間前に同じレッドブル・リンクで行なわれたシュタイアーマルクGPでは、そのフェルスタッペンの前に一度も出ることができずに完敗を喫していたハミルトンは、オーストリアGPでは更に苦しい状況に陥っていると説明している。

「先週よりもさらに困難な状況になっている。ペースが今に至っても足りていないんだ」と、ハミルトンは言う。

「マシンから力をより引き出すために様々なことを試した。でも現時点では根本的なペースの問題がある。今後のレースでは真のパフォーマンスを引き出していく必要がある」

「マクラーレンがアップデートしてきたかは分からないけれど、彼らは今日物凄く速かったし、ランド(ノリス)は素晴らしい仕事をしていた。僕らも改善していかないといけない」

 ハミルトンはポールポジションを獲得したフェルスタッペンと比較すると“あらゆる場所で少しずつ負けている”と感じており、メルセデスがフェルスタッペンの勝利を阻むことは難しいだろうと語った。

「純粋なペースという意味では、間違いなく問題外だ」と、ハミルトンは言う。

「まず僕らの前に2台、コンマ3秒の差をつけているクルマがいる。彼らは今週末クルマを更に改善してきたと思う」

「マックスにとっては楽に勝てるレースだと言えるだろう。僕らは少なくともペレス(セルジオ・ペレス/レッドブル・予選3番手)の前に出ることができるか、そして(ポイント面での)ダメージを最小限に抑えることができるかどうかになってくると思う」

 チームメイトのバルテリ・ボッタスもオーストリアGPでは予選5番手とライバルの後塵を拝している。彼は今回レッドブルのペースに迫ることを期待していたと認めた。

「ああ、実際には僕らは先週末よりも少し後退したか、他チームが僕らよりも改善してきたんだ」

 ボッタスはそう語る。

「あるべき姿からはコンマ1〜2秒遅れている。これがC5コンパウンド(ソフトタイヤ)から来ている問題なのか、それともマクラーレンが何かを見つけてきたのかはわからない」

「だけど、今日のマシンのペースはこれだったんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
角田裕毅、オーストリアGP予選7番手……しかしガスリーとフィードバックがまるで逆?「それを分析すれば、さらに前進できるかも」

前の記事

角田裕毅、オーストリアGP予選7番手……しかしガスリーとフィードバックがまるで逆?「それを分析すれば、さらに前進できるかも」

次の記事

ピエール・ガスリー予選6番手も、Q2ソフトタイヤでの突破は「他に選択肢はなかった」

ピエール・ガスリー予選6番手も、Q2ソフトタイヤでの突破は「他に選択肢はなかった」
コメントを読み込む