F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP3 まで
13 時間
:
12
:
09
09 10月
次のセッションまで……
13 days
23 10月
次のセッションまで……
27 days
31 10月
次のセッションまで……
35 days

フェラーリに続く厳しい厳しい試練。ルクレール「イタリアで13番手なんて厳しい」

シェア
コメント
フェラーリに続く厳しい厳しい試練。ルクレール「イタリアで13番手なんて厳しい」
執筆:

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1イタリアGPの予選でQ3に進出できなかったことで、チームにとっての戦いはさらに厳しいモノになったと語った。

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、チームの地元レースであるイタリアGPの予選で、13番グリッドを確保するのが精一杯だった。チームメイトのセバスチャン・ベッテルはさらに苦戦してQ1敗退……17番手に終わっている。

Read Also:

 イタリアGPのグリッドのトップ10にフェラーリがいないのは、1984年以来初めてのことだ。

 その1984年のイタリアGPでは、ミケーレ・アルボレートが11番手、ルネ・アルヌーが14番手からレースをスタート。しかしアルボレートは決勝で挽回し、2位でフィニッシュしている。

 ただ今年のフェラーリは、前回のベルギーGPで苦しんだこともあり、決勝での巻き返しは難しいだろうと見られている。

「結局のところ、この週末に入る前に、今回のようなことになると少し予測していた」

「スパとここは、おそらく僕らにとっては最悪のコースのうちのふたつだと思う。もうひとつは、今シーズンの終盤に難しいコースがあるだろう。良いラップを走ったのに13番手なんて、厳しいね。良い気分じゃないよ」

「今のところこういう状況にある。僕らがいる状況の中でも、マシンから最大限のモノを引き出す必要がある。それが、僕が今やろうとしていることだ」

「確かに、家に戻って考えるとさらに厳しい状況だ。でも残念ながら、今のところこれが現実だ。僕らは仕事をする必要がある。フェラーリの本拠地であるムジェロで、少しでも良くなることを期待している」

 ルクレールはさらに続ける。

「今後のレースで、トンネルの先に明かりが見えることを期待している。僕らは非常に厳しいふたつの週末を過ごしているからだ。そしてマシンで、様々なことを試しているんだ」

「僕らは今のところ、進むべき道を見つけることができていない。集中を続け、モチベーションを維持する必要があるんだ。そうすれば、いつかきっと良い日が来るだろう」

 ベッテルは、予選Q1で渋滞に捕まり、クリアラップを走ることができなかった。

「お互いにオーバーテイクを始める場所がなかった」

 そうベッテルは語った。

「最低限のラップタイムが設定されているので、それをみんな守っているはずだ。オーバーテイクを始めた時に、問題が引き起こされた。今回はそういう状況だったんだ」

Read Also:

【動画】2020F1第8戦イタリアGP予選ハイライト

前の記事

【動画】2020F1第8戦イタリアGP予選ハイライト

次の記事

フェルスタッペン5番手が最上位……田辺TD「予選結果はかなり厳しい」

フェルスタッペン5番手が最上位……田辺TD「予選結果はかなり厳しい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
ドライバー シャルル ルクレール
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Adam Cooper