メルセデスF1、PU開発で小さなつまずき。”チャレンジ”をクリアできるか?

メルセデスは、2020年に向けたパワーユニット開発において、小さな問題に直面しているようだ。

メルセデスF1、PU開発で小さなつまずき。”チャレンジ”をクリアできるか?

 メルセデスは2020年シーズンに向けたパワーユニット(PU)開発において、開幕仕様を仕上げる上で小さな問題に直面しているようだ。

 メルセデスのソーシャルメディアで公開されたビデオクリップで、エンジン開発部門を率いるアンディ・コーウェルは、メルセデスは進歩を遂げているとしつつ、「これまでと同様にいくつか小さな問題に取り組んでいる」と述べた。ただ、続くツイートでは「つまずきがなければ、十分なトライができていないということだ」と記されている。

 メルセデスは1月28日にPU始動音を動画で公開。すでに新車W11のシャシーにPUが搭載されていることを示唆した。

「ブリックスワースでは、多くのことが行なわれている。ERS(エネルギー回生システム)側やエンジン側、PU全体で多くの改善がなされている」とコーウェルは述べている。

「我々は全てをまとめていく中でいくつか小さな問題と戦っている」

「適切な仕様を作り上げるために、非常に多くの作業が長期間にわたって実行された。そしてマシンを始動できるようになった。すでにご覧いただいたと思う!」

「今はハードウェアをテストする準備を整えている。マシンのローンチは2月14日だ。それから、バルセロナに向かう」

「(開幕戦の)メルボルンまでに、テストはわずか6日間しかない」

 コーウェルは、メルセデスはすでにカスタマーチーム含め計6台のマシンに必要なPUをすでに準備していると語った。

「膨大な数のパーツがすでに作成され、組み立てられ、全てを地球の反対側に届けるというチャレンジに取り組んでいる」

「とても忙しいが、パフォーマンスを追求し、信頼性をあげながら、膨大な量のハードウェアを準備するんだ」

Read Also:

シェア
コメント
彼は優秀だが神ではない……フェルスタッペン、“ストップ・ザ・ハミルトン”に自信?

前の記事

彼は優秀だが神ではない……フェルスタッペン、“ストップ・ザ・ハミルトン”に自信?

次の記事

NetflixのF1番組がアメリカでファン拡大の一助に? “主役”リカルドが好評価

NetflixのF1番組がアメリカでファン拡大の一助に? “主役”リカルドが好評価
コメントを読み込む