F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

ペレス、レーシングポイント離脱を知ったのは発表当日「誰も何も言ってくれなかった……」

シェア
コメント
ペレス、レーシングポイント離脱を知ったのは発表当日「誰も何も言ってくれなかった……」
執筆:
, Grand prix editor

セルジオ・ペレスは、レーシングポイント離脱が発表される数時間前まで、状況を把握していなかったと明かした。

 セルジオ・ペレスは9月9日(水)の夜、自身のソーシャルメディアに声明を投稿し、2021年にアストンマーチンへと改称するレーシングポイントには残らないことを明かした。チームは木曜日の朝に、セバスチャン・ベッテルがペレスの後任としてチームに加わることを発表した。

Read Also:

 ペレスは昨年チームと3年契約を結んでいたため、ベッテルがレーシングポイントに加入するのではないかという”噂”に対して、自分は有効な契約を結んでいるとしてチーム残留に自信を見せていた。

 しかし、チームオーナーのローレンス・ストロールは9日の水曜日にペレスに電話をかけ、チームが”別の方向”に進んでいると述べたという。そして、ペレスはチーム離脱が決まったことをその電話で知ったようだ。

「誰も何も言ってくれなかったけど、僕はすでにある程度知っていた」と、ペレスは語った。

「最終確認は昨日(水曜日)だった。それは問題ない。僕はチームと7年間過ごした。全てのことには始まりと終わりがある。今季残りの9レース、お互いを誇りに思う時間は残っている」

 ペレスは最近まで、ベッテル加入の憶測が消えるのは『時間の問題』だと話していた。彼はチームから、自分が2021年までチームに残るというフィードバックを受けていたからだ。

「チームは僕を残したいと思っていた。それが僕が得ていたフィードバックだ」

 そうペレスは木曜日に語った。

「契約などについては議論が行なわれていたけど、それは僕とチームの間の秘密にしておくべきだと思うので開示はしたくない」

「僕たちは契約のいくつかの項目を見直したけど、結局彼らは昨日、僕との契約を継続しないことを正式に僕に伝えた。僕はそうなると予想していなかった」

 ペレスはチーム離脱を発表した際、それを予期していなかったため、”プランB”は用意していないと述べた。

 ペレスは、レーシングポイントの決定の仕方にがっかりしたと思いたくないとしつつも、判断がより明確であれば、将来の計画が立てやすかったと吐露した。

「僕はそれを理解している。それは進行中の交渉だった。僕が想定していたよりもそれが長引いたんだ」

「おそらく、もう少し明確だったら僕の将来にとって助けになっただろう。それから僕はプランBを探しただろうけど、おそらく何も変わらなかっただろう」

 次のステップについて訊くと、ペレスは競争力のあるパッケージがある限りは、F1に留まることを優先するとmotorsport.comに語った。

「今はあらゆる選択肢について考えている」

「僕の主な目標はF1に残ることだ。僕はまだ若いしハングリーだから、F1を続けたいと思っている」

「だけどそれには適切なパッケージがなくてはいけない。毎周、自分の全力を尽くせるような、最大のモチベーションを得られるパッケージだ」

「また、2022年をターゲットにした長期プロジェクトでなければならない。ルール変更が大きな影響を及ぼすと期待しているからだ。多くのチャンスがあると感じているから、僕は2022年も戦いたいんだ」

「すぐに決定を下すことができるとは思っていない。必要な時間をかけたい。F1で魅力的な選択肢が見つからなければ、他のシリーズについて考える」

Read Also:

アルファタウリの心強い味方。ピットレーン閉鎖を知らせた“金髪のアメリカ人”とは?

前の記事

アルファタウリの心強い味方。ピットレーン閉鎖を知らせた“金髪のアメリカ人”とは?

次の記事

フェルスタッペン、ムジェロは現地で”予習済み”「イタリアGPより良いレースになるはず!」

フェルスタッペン、ムジェロは現地で”予習済み”「イタリアGPより良いレースになるはず!」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セルジオ ペレス
執筆者 Luke Smith