F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

F1トスカーナFP1:ボッタスがフェルスタッペン抑え首位発進。跳ね馬に復活の兆し?

シェア
コメント
F1トスカーナFP1:ボッタスがフェルスタッペン抑え首位発進。跳ね馬に復活の兆し?
執筆:

F1第9戦トスカーナGPのフリー走行1回目が行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップとなった。

 F1第9戦トスカーナGPのフリー走行1回目がムジェロ・サーキットで行なわれた。トップタイムをマークしたのは、メルセデスのバルテリ・ボッタスだった。

 今回のグランプリは、1950年から参戦を続けているフェラーリの参戦1000レース目。ワインレッドのスペシャルカラーリングをマシンに施している。

 ムジェロでのF1開催は今回が初めてということもあり、気温27度、路面温度35度というドライコンディションの中セッションがスタートすると、早速多くのマシンがコースイン。ランス・ストロール(レーシングポイント)以外の19台がインスタレーションラップを実施した。

 各スタンドには、少数ながらファンの姿も。今季これまではコロナ禍の影響を受け、無観客でレースが開催されてきたが、前戦イタリアGPでは医療関係者250名を招待。そして今回のレースから、チケットが販売され、ファンが現地でF1を観戦することが可能となった。

 最初にラップタイムを記録したのはボッタス。エンジニアからエンジンモードの指示を受けながら、ハードタイヤで1分22秒124をマーク。しかしボッタスは最終コーナーを立ち上がってからスピードを明らかに落としていた。その後、ボッタスは1分20秒645までタイムアップした。

 しばらくボッタスのみが走行する状態が続いたが、前戦イタリアGPで劇的な優勝を果たしたピエール・ガスリー(アルファタウリ)もミディアムタイヤで走行開始。1分20秒982までタイムを刻み、2番手につけた。

 普段は動き出しが遅いレッドブル勢もハードタイヤで早めに走行開始。マックス・フェルスタッペンは1分19秒439までタイムを伸ばし、タイムシートのトップへ。1分19秒859までタイムを更新したガスリーが2番手となった。

 1セット目のタイヤ返却時間を迎え、トップはフェルスタッペン。16周使ったハードタイヤでトップタイムを1分19秒017まで更新した。0.052秒差の2番手には、12周目のミディアムタイヤでタイムを残したルイス・ハミルトン(メルセデス)が続いた。3番手以下、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、ボッタス、ガスリーというオーダーだ。

 メカニックがバルクヘッド周辺で作業を行ない、セッション序盤は走行できていなかったストロールも、なんとか4周を走行して1セット目のタイヤを返却することができた。

 セッション前半からウイリアムズやセルジオ・ペレス(レーシングポイント)、ストロールがソフトタイヤを使用したが、それ以外の各チームもセッション後半からソフトタイヤを投入。ランド・ノリス(マクラーレン)が0.036秒フェルスタッペンを上回り、トップに立つなどタイムシートは目まぐるしく変化していった。

 ハミルトンもセッション残り30分を前にソフトタイヤでアタックし1分18秒409。しかし、それをルクレール、ボッタスが上回っていった。ボッタスのタイムは1分17秒879で、最初に1分17秒台に突入した。

 フェルスタッペンもソフトタイヤでアタック。セクター3で全体ベストを記録し2番手。ボッタスと0.048秒差だった。少し遅れてのアタックとなったガスリーは、5番手タイムを残した。

 その後、セッション終盤は各車がロングランを実施。ソフトタイヤを試すマシンが多かったが、レーシングポイント勢はセッション前半にソフト、後半にハードタイヤを使ったため、ハードタイヤで周回を重ねた。

 セッション残り7分ほどのところではニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)がターン2でスピンしたものの、それ以外にはほとんどコース上のトラブルなく、90分間のセッションが終了。30周以上走行するマシンも多く、まずは多くのチームが初めてのムジェロでデータを積み重ねたと言えそうだ。

 首位はボッタス。僅差でフェルスタッペンが続き、3番手にはルクレールが入った。セバスチャン・ベッテルは13番手と沈んでいるのは気になるが、フェラーリにとって記念すべき1000レース目に期待の持てる滑り出しとなった。

 4番手ハミルトンに次いで、ガスリーが5番手。初優勝を挙げた勢いを、今回のレースウィークに持ち込むことができているようだ。

 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Finland バルテリ ボッタス 33 1'17.879     242.453
2 Netherlands マックス フェルスタッペン 32 1'17.927 0.048 0.048 242.303
3 Monaco シャルル ルクレール 27 1'18.186 0.307 0.259 241.501
4 United Kingdom ルイス ハミルトン 28 1'18.409 0.530 0.223 240.814
5 France ピエール ガスリー 30 1'18.676 0.797 0.267 239.996
6 France エステバン オコン 28 1'18.805 0.926 0.129 239.604
7 Russian Federation ダニール クビアト 31 1'18.839 0.960 0.034 239.500
8 United Kingdom ランド ノリス 30 1'18.981 1.102 0.142 239.070
9 Thailand アレクサンダー アルボン 34 1'19.068 1.189 0.087 238.807
10 Australia ダニエル リカルド 25 1'19.140 1.261 0.072 238.589

【動画】2020年F1第9戦トスカーナGPフリー走行1回目ハイライト

前の記事

【動画】2020年F1第9戦トスカーナGPフリー走行1回目ハイライト

次の記事

ペレスはベッテルとの交渉の進捗を知っていたはず……レーシングポイントの主張

ペレスはベッテルとの交渉の進捗を知っていたはず……レーシングポイントの主張
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
サブイベント FP1
執筆者 松本 和己