不運続きのレッドブルF1……2戦連続でメルセデスに”撃墜”されるも「運勢は変わるはず」

レッドブル・ホンダのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、チームにとっては不運すぎるグランプリが2戦続いた後、夏休み明けの連戦からは「闘志をむき出しにして」戦いに挑んでいくと語った。

不運続きのレッドブルF1……2戦連続でメルセデスに”撃墜”されるも「運勢は変わるはず」

 レッドブルにとっては、不運という言葉だけでは片付けられないレースが2戦続いた。これについて同チームのクリスチャン・ホーナー代表は、このツキに見放された状況から脱却し、夏休み明けからは闘志をむき出しにして戦いに挑んでいくつもりだと語った。

Read Also:

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、フランス〜オーストリアの3連戦で3連勝を達成し、メルセデスのルイス・ハミルトンに対して、ドライバーズランキングで32ポイントものリードを築いた。しかし、イギリスGPとハンガリーGPが終わってみれば、ハミルトンが首位に立ち、フェルスタッペンは8ポイント差のランキング2番手に交代してしまった。

 フェルスタッペンには、ここ2戦不運が続いている。イギリスGPでは、決勝レース1周目にハミルトンと接触し、コントロールを失ってタイヤバリアに激突。リタイアに終わった。

 その翌戦ハンガリーGPでは、スタート直後の1コーナーでブレーキングをミスしたメルセデスのバルテリ・ボッタスがマクラーレンのランド・ノリスに追突。そのノリスのマシンは、フェルスタッペンの右側面に激突した。フェルスタッペンはその後もなんとか走り続けることはできたものの、マシンに負った損傷は甚大であり、本来のペースで走るのは不可能……結局2ポイントを獲得するのが精一杯だった。

 フェルスタッペンのチームメイトであるセルジオ・ペレスも、2戦連続で無得点。この結果、コンストラクターズランキングでも、メルセデスがレッドブルを逆転し首位に立っている。

 しかしそんな状況にも、レッドブルのホーナー代表は前を向いている。夏休みが終わり、ベルギーGPから後半戦が開始されれば、チームは闘志をむき出しにし、ここ2戦続いてきた負の連鎖は終わると確信しているのだ。

「今年はシーズン前半に6勝を挙げることができた」

 そうホーナー代表は語る。

「マックスが得点できなかったレース……たとえばアゼルバイジャンをみれば、それはマックスが悪いわけではない。シルバーストンも、ここハンガリーも、マックスのせいで無得点に終わったわけではないんだ」

「だから、我々の運勢は変わるだろう。シーズンの長さに応じて、そういうことは帳尻が取れるようになっていくはず……私はシーズン後半を楽しみにしている」

「チーム全員が、十分に働いた。だから、休息を取るのに十分値すると思う。そしてドライバーたちも、十分に休暇を取る……我々はシーズン後半を、闘志をむき出しにして戦うつもりだ。だから、とても面白いことになると思うよ」

 なおフェルスタッペンは、イギリスGPでのクラッシュで、51Gもの衝撃を受けた。この時使っていたパワーユニット(PU)は、ホンダが調査した結果、再利用可能だとして金曜日と土曜日の走行で使われることになった。しかし予選終了後に、イギリスGPで衝撃を受けたことに起因するとみられるクラック(亀裂)が認められたため、決勝レースを前にPUを載せ替え。シーズン中に使用が許されている上限となる3基目のPUを使わざるを得なくなった。

 またチームメイトのペレスも、ハンガリーGPの1周目に起きたクラッシュにより、PUにダメージを受けている可能性が示唆されており、再利用できる可能性は低いものと見られている。そうなれば、ペレスもまた3基目のPUを投入しなければならない……つまりレッドブル勢はいずれも、今シーズン最終戦までのどこかのタイミングで、ペナルティを受けつつ4基目のPUを投入せざるを得なくなると考えられるのだ。

「確かにこの状況は、我々の助けにはならないだろう」

 そうホーナー代表は認める。

「事故によって大きなダメージを受け、そして他のドライバーの行動の結果として失ってしまう可能性があるエンジンが2基存在する。それは、非常に苛立たしいことだ」

「しかし、首位と2番手のポイント差は、許容範囲の中にある。それはご存知の通りだ」

「我々はこれで夏休みに入る。ここ数レースは、実に不運だった。マシン、パーツ、エンジンに対してのダメージは、かなり厳しいモノだった。しかし我々は自分たちのことを磨き、シーズン後半を全力で戦い抜くつもりだ」

「確かに厳しい数週間だった。でもここまでご覧になったように、物事はとても早く好転する可能性だってある。今年のチャンピオン争いには、まだまだ長い道のりが残っているんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
ベッテルの2位を取り戻せるか? アストンマーチン、”決勝結果からの除外”取り消し求め上訴決断。再審理も要求

前の記事

ベッテルの2位を取り戻せるか? アストンマーチン、”決勝結果からの除外”取り消し求め上訴決断。再審理も要求

次の記事

オコン、“スランプ”脱し初優勝。シャシーの変更が奏功も、アルピーヌは不調の原因を完全解明できず

オコン、“スランプ”脱し初優勝。シャシーの変更が奏功も、アルピーヌは不調の原因を完全解明できず
コメントを読み込む